小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

革新的カーナビ『ストラーダ F1D』試乗レポ、9V型ダイナビッグ ディスプレイの衝撃【PR】

2016.03.30PR

■使いやすさと美しさを両立したデザイン

イシザキ「ところで、これデカすぎて逆に邪魔になることはないのかな?」

ナカザワ「このディスプレイは手動による可動タイプで、角度は約−20度から約60度まで動かせる。本体にCDやDVD、SDメモリーカードを挿入するときはモニターを前に倒すんだ。上下にもスライドができるから、ドライバーが見やすく、クルマの計器類の操作や視認性を損なわないように調整できるわけ」

ディスプレイ位置は可動式。 ディスプレイ位置は可動式。
ディスプレイ位置は可動式。ドライバーにとって見やすく、太陽光の反射も抑えられる角度や位置に調整できる。

イシザキ「なるほどディスプレイの裏側に各種スロットがあるわけか。そういう意味だとデザインも個性的ですね」

ナカザワ「これまでのカーナビは四角四面と決まっていたけれど、『F1D』のディスプレイは、薄いラウンド形状なのがユニークだね。分離型を採用したので、サイズだけでなくデザインも自由度が上がったというわけ。しかも本体のフレームはアルミを採用して、上質感を演出している。もうひとつ気になることがある。ちょっと細かい話だけれど、これまでの『ストラーダ』にはディスプレイのフレームの正面に“Panasonic”のロゴや型番、操作ボタンなどが必ず着いていたけれど、『F1D』はロゴや文字は見当たらないでしょ?

イシザキ「確かに、ロゴないですね」

ナカザワ「実はココ、モニターの上部に集約されているんだ。ほかのボタンもAVやNAVIなど必要最小限に抑えている」

ディスプレイのフロントはフラットで光沢感のある仕上がり。サイドはアルミフレームを採用し、高級感も演出している。
ディスプレイのフロントはフラットで光沢感のある仕上がり。サイドはアルミフレームを採用し、高級感も演出している。

イシザキ「ホントだ。今までのカーナビとはだいぶ違いますね。今までのザ・カーナビというイメージではないので、ちょっとおしゃれなクルマのインテリアにも合いそう」

ナカザワ「そうだね。実は大画面だから、テレビとかDVDの再生など、エンタメ機能も強いんだ。次はその辺をチェックしていこう」

ストラーダ『F1D』試乗レポ(2)へ続く

<関連情報>
http://panasonic.jp/car/navi/products/

取材・文/中沢雄二 撮影/松原康之

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年9月16日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「モバイルPCスタンドMAX」! 特集は「通勤自転車ベストバイ」、「Chromebook vs Surface」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。