人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2016.03.28

意外と便利!手持ちのiPhone、iPadを「2in1」にするLightningキーボード

■連載/小口 覺のスマートフォンハックス

手持ちのiPhone、iPadを「2in1」にするLightningキーボード

『iPhone SE』が発表された。スマホが大型化する中、より手に収まりやすい4インチディスプレイを採用したことで話題となっている。実際、片手で持ってのフリック入力がしやすいのは大きい。私も『iPhone 6』を使っているが、いずれSEに乗り換えようと考えている。

 とはいえ、文字入力については旧世代になるのだろうか、フリック入力は得意ではなく、ある程度の長文はキーボードがないと書けない。パソコンでは2in1のマシンが増えているが、日常的に文章を作成する機会があるなら、スマホやタブレットにもキーボード入力の手段を確保しておきたい。というわけで、久しぶりに外付けキーボードを購入した。

 リンクスインターナショナルの『KB-LT-JP』は、Bluetooth接続ではなくLightning接続のキーボード。有線接続なので、ペアリング設定は不要だし、再接続や入力時の遅延もない。Bluetoothキーボードのように充電も不要だ。

 キーピッチは19mmのフルサイズ。ストロークもしっかりあるので快適に入力できる。ただし、日本語入力の変換方式はパソコンのそれとは異なるので、頭の切り替えは必要だ。

 最上段には、ホームボタンや検索、音量調整などのキーが配列されている。音楽再生時は、入力画面を切り替えることなく、一時停止や曲送りなどができて便利だ。個人的には、ここをパソコン版のATOKのように変換時のファンクションキーとして利用できればうれしいのだが。

 弱点は、iPhoneの電池残量が少ない時に、充電しながら使用できないこと。電池容量の大きいiPadであれば、ここは大きなデメリットにならないだろう(文章作成において画面が広いiPadのほうが快適だし)。

 重量は282g(実測値)と軽量なので、カバンなどに入れっぱなしにしても気にならない。リビングやベッドルームの「置きキーボード」にすれば、メールなどの着信時にわざわざパソコンのある部屋に移動せずとも長文の返信ができる。もちろん原稿も書ける。この原稿も、ほぼこのキーボードで書きました。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年1月16日(水) 発売

DIME最新号の特集は「あなたの願いをかなえる神ガジェット100!」「ニトリVS無印良品のコスパNo.1商品対決」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ