人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2016.04.04

自分の体調が見えるウェアラブルメガネ『JINS MEME』の実用性を検証

◎究極のウエアラブル眼鏡にセンサーを内蔵

 PCのブルーライトから眼を守る機能性アイウエアなど、メガネの新たな可能性を追求するジェイアイエヌが作った、スマホと連動する『JINS MEME』。これはメガネに3点式眼電位センサーと6軸センサーを搭載、眼の動きや体の動きを感知できるようにしたものだ。

 発売時に公開されたアプリは3種類で、アタマ年齢とカラダ年齢がわかる「JINS MEME App」と眠気を推定するドライバー向けの「JINS MEME DRIVE」、そして効率のいい走り方がわかるランナー向けの「JINS MEME RUN」となる。同社では開発者向けにSDK(ソフトウエア開発キット)を公開し、アプリの充実を図っている。センサーを利用したアプリが増えれば、その用途もどんどん広がっていくだろう。製品発表会で田中仁社長は「できれば5年以内にJINSのメガネすべてにMEMEのセンサーを搭載したい」とも語っていた。

『JINS MEME』は2種類あり、上位モデルは重さ36gでバッテリー内蔵、約2時間充電で最長約24時間駆動できる。充電はマイクロUSB端子を使った有線接続となり、スマホとのデータのやりとりはBluetoothを利用する。

◎先進医療での活用も視野に入れた計画

『JINS MEME』は個人だけでなく大学や研究機関でも使えるソリューションが存在する。メガネが測定したローデータを取得できる『JINS MEME ACADEMIC PACK』である。主に認知症やメタボリックシンドロームなど、高齢化や生活習慣病などを未然に防ぐ先制医療分野をターゲットにしてすでに各研究機関との連携を開始しているという。ウエアラブルの活用は意外なところからもう始まっているのだ。

JINS『JINS MEME ES』

JINS『JINS MEME ES』4万2120円

フレーム=プラスチック、ステンレス(電極部分)。レンズ=プラスチック、可視光線透過率/97%、紫外線透過率/0.1%以下。重さ約36g(度なし)。2160円で度付きレンズに変更可能。

JINS『JINS MEME MT』

JINS『JINS MEME MT』2万520円

フレーム=プラスチック。レンズ=プラスチック、可視光線透過率/25%、紫外線透過率/0.1%以下。重さ約45g。6軸センサーを省いたスポーツ用モデル。プラス2160円で度なし透明レンズに変更可能。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2018年10月16日(火) 発売

DIME最新号の大特集は「秋の新製品ベストバイ」特別付録は1/7スケールのロボット掃除機「ルンバ」メジャー!?

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ