人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2016.03.23

【スマホ会議】4インチ『iPhone SE』は売れるのか?

■連載/法林岳之・石川 温・石野純也・房野麻子のスマホ会議

【スマホ会議】新型「iPhone SE」は売れるのか?

 スマートフォン業界の最前線で取材する4人による、業界の裏側までわかる「スマホトーク」。

 今回は新型「iPhone SE」は本当に売れるのかどうかをテーマに話し合います。

【スマホ会議】新型「iPhone SE」は売れるのか?

房野氏:日本時間の3月22日早朝に新型「iPhone SE」が発表されましたが、これについての考えを聞かせてください。

房野氏
房野氏

法林氏:ディスプレイが4インチですが、小さいスマホがいいかという話に関して、僕自身は大きい画面が好きなのと、実際、いわれるほど、みんな片手で使ってないじゃないかと思うんです。日本人が片手で使いたいのは、テンキー入力やフリック入力をしたいから。中国と韓国は微妙だけど、海外はほぼQWERTY入力で、みんな両手使いだし、画面は大きい方がいい。今回、小さいiPhoneが出て、日本を含めてアジア圏は売れ行きがいいとか、価格が安くて欧米でもよく売れるとかになればいいけれど、ちょっと読めない。僕としては、新型「iPhone SE」を出すより、今の大きさでもっと持ちやすく、もっと手になじむ形状を追求した方がいいんじゃないかと思いました。

幅58.6×高さ123.8×厚さ7.6mm、重量113gのコンパクトなボディ
幅58.6×高さ123.8×厚さ7.6mm、重量113gのコンパクトなボディに4インチのRetinaディスプレイを搭載。指紋認証「Touch ID」にも対応する。

法林氏
法林氏

石川氏:新型「iPhone SE」は値段に注目だと思っています。16GBモデルで5万2800円(税別)、64GBモデルで6万4800円(税別)と、従来モデルに比べると買いやすくなる。日本のキャリアにとっては、たくさん割引くと怒られる風潮の中、それほど割引かなくても、ユーザーに優しい価格になるとあって売りやすい。しかも、ワイモバイルが「iPhone 5s」を売っていて人気ですが、ドコモ、KDDIにとっては魅力的なプランを付けてそれに対抗できる弾になるかなとも思っています。

本国では399ドル、499ドルで販売予定
本国では399ドル、499ドルで販売予定

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年1月16日(水) 発売

DIME最新号の特集は「あなたの願いをかなえる神ガジェット100!」「ニトリVS無印良品のコスパNo.1商品対決」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ