人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2016.03.23

【スマホ会議】学割プラン選びのポイントは「データ容量」にあり!

■連載/法林岳之・石川 温・石野純也・房野麻子のスマホ会議

【スマホ会議】学割プランのポイントは「データ容量」

 スマートフォン業界の最前線で取材する4人による、業界の裏側までわかる「スマホトーク」。第6回は学割プランをテーマに話し合います。

【スマホ会議】学割プランのポイントは「データ容量」

房野氏:各社が学割プランを出しましたが、どう思われますか。

石川氏:子どもがいる家庭と、いない家庭の不公平感が半端ないですね。

石川氏
石川氏

石野氏:ちょっとやり過ぎな感じはしますね。auは25歳までずっと毎月最大5GBの通信データがもらえますし、プラスの量が半端ないですよ。1回線分になる。

石野氏
石野氏

石川氏:子ども名義で契約して自分で使うという手もある。ドコモは簡単にシェアできるし、auもデータギフトが使える。

法林氏:今回の「5GB、6GBあげます」という手法は、恐らく今年の料金プラン施策のキーワードになると思います。その最初の市場が学割。金額は変わらないかもしれないけど「ドコモで10年使っている人には3GBあげます」とかいう風になっていくんじゃないかと思います。

法林氏
法林氏

石川氏:まさにおっしゃる通り。

法林氏:追加のデータ容量がインセンティブの道具になる気がしますね。

石川氏:アメリカでAT&Tが、アプリからアンケートに答えたり買い物をしたりすると1GBもらえるというキャンペーンをやっています。日本はクレジットカードのポイントやマイルの制度が進んでいますが、まさに法林さんがおっしゃったように、データ容量がポイントや通貨の代わりになると思う。ポイントやマイルは貯めて使うけれど、データだったらすぐ使える。auがデータ容量をauショップで、紙(データチャージカード)で買えるようにしたように、通貨代わりになる可能性はあるかなと。

法林氏:あれは大きいよね。

石川氏:auはマツモトキヨシでau WALLET プリペイドカードを使い6000円以上買い物をしたら1GB、3000円以上なら400MBくれるキャンペーンをやっていましたが、今や通信データがほぼ通貨になっているんですよ。今後はさまざまな動きが出てくる気がするし、雑誌のおまけで「auのデータ容量1GB付いてます」とか、あり得る気がする。

au WALLET プリペイドカード
au WALLET プリペイドカード

石野氏:おまけには物理的な何かが必要なので、データチャージカードとか付ければいいんですよ。

房野氏:景品表示法に引っかかりませんか。

房野氏
房野氏

法林氏:データ容量はお金じゃないから大丈夫でしょう。今月号の読者プレゼントは「ドコモ10GB、au10GB、ソフトバンク10GB、どれでも選べます」とか、ありかもしれない。今年のキーワードは「データ容量」ですよ。

石野氏:ドコモがdポイントでデータを買えるようにしていますね。

dポイントカード
dポイントカード

法林氏:お金ではあげられないから、違うもので出します、その材料がデータ容量という、ニュアンスは分かる。

石川氏:そうなるんじゃないかと。

房野氏:容量制限に引っかかる人、周りに結構いますしね。

石川氏:月末になるとデータ容量を売買する人が来て、「データどう?」みたいな(笑)

石野氏:そう考えると、mineoの「フリータンク」とか、目の付け所がいいですね。時流に合っている。

石川氏:だから、色々やりようがあると思いますし、それによってビジネスが回るような気がする。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年1月16日(水) 発売

DIME最新号の特集は「あなたの願いをかなえる神ガジェット100!」「ニトリVS無印良品のコスパNo.1商品対決」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ