人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2016.03.21

【30歳からの保険講座】1000万円の価値は将来半分に?投資性という観点での保険選び

 読者の皆さんの中には、株式投資や投資信託など、すでにお金を増やすために資産運用をしている方もいらっしゃるかもしれませんね。「投資」とは将来の利益のために、事業や証券にお金を投下することを言います。

 実は、保険にも将来の利益のために保険を証券と見立てて、積み立てをしていくものがあります。中でも、“貯蓄性のある保険”と“投資性の高い保険”というのが、将来のためにお金を増やすという意味合いが強いでしょう。今回は、“貯蓄性のある保険”と“投資性の高い保険”それぞれを紹介したいと思います。

【30歳からの保険講座】将来1000万円の価値は半分に!?投資性という観点での保険選び

■貯蓄性のある保険とは?

貯蓄性のある保険は大きく3つあります。

・終身保険
・養老保険
・個人年金保険

 まずは、これらの保険について説明します。

◎終身保険
現在一般的となっているのが「低解約返戻金型終身保険」。こちらは保険料の払込期間中に解約をしてしまうと元本割れになってしまいますが、その分一般の終身保険と比べて利率が高く設定されているため、保険料が割安になっています。また、払込期間後の解約であれば、返戻率が一気に上昇し、長い目でみると非常に貯蓄性が高い商品です。

◎養老保険
養老保険は期間中に亡くなったときの死亡保障金、また満期を迎えたときの満期金が同額であるという保険です。終身保険と違って、保障の期間が決まっているのが特徴となっています。昔のように利率が良くないため、保険期間が短い場合などは、満期金500万円を受け取るために、それ以上の保険料を支払わなければならないという場合もあります。

◎個人年金
毎月一定額の保険料を支払い、予め決めておいた年齢から一定期間決められた年金額を受け取れる保険です。途中解約でも元本割れのリスクが少なく、税控除の対象にもなるため、通常の預貯金よりも賢く将来必要なお金を積み立てていくことができます。

 3つの貯蓄性のある保険を説明してまいりましたが、共通することは予定利率(契約者に約束する利率)が決まっているということ。そのため、将来的に受け取れる金額は保険加入時にすでに決まっており、その金額は増えもしないし、減りもしないというのが特徴です。よく言えばとても安定しています。

 しかし、今後インフレがゆるやかに進んでいくと言われている中で、固定の利率であるが故、インフレリスクに対応していないのも特徴です。将来の1000万円の価値が、今の1000万円と同じという保障は全くありません。

 このように、貯蓄性は強いですが、自身の将来的な収益になるような投資性は比較的弱いのが特徴です。それでは、将来的なインフレなども見越した、本当の意味でご自身の収益となるような投資性の高い保険というものは、どのようなものがあるのでしょうか?

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年1月16日(水) 発売

DIME最新号の特集は「あなたの願いをかなえる神ガジェット100!」「ニトリVS無印良品のコスパNo.1商品対決」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ