人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

一般の人のアイデアで45万個売れた商品も!売れる雑貨の作り方

2016.03.28

雑貨は〝買うもの〟から〝作るもの〟に変わろうとしている。自分が欲しいと思うものを自ら作り、売る時代となっている。

各種コンテストに応募殺到!45万個売れたヒット商品も…売れる雑貨・文具の作り方

 プチプラ雑貨のブームで、年々売上を伸ばしている雑貨業界。2013〜14年の主要10社の売上高は約4500億円に達した。今その牽引役になっているのが、「ふつうの人」が大胆な発想で作った雑貨たちだ。学生や主婦、企業に属さないアーティストなどを対象に、実際の商品化を狙ったコンテストが複数の企業で開催されている。

 今回、『雑貨大賞』を受賞した乙幡啓子さんは、「『湖面から突き出た足』製氷器」の制作理由を「思いついたものを作ってみただけ」と話す。人から見れば“くだらない”と一笑されそうなものを、遊び心で生み出すことで得られた勝利ともいえる。

■『雑貨大賞』(主催/VillageVanguard)

全国395店舗の雑貨店を運営する『ヴィレッジヴァンガード』が主催。日本のものづくりを牽引する次世代のクリエイターを発掘することを目的に、昨年から開催されている。美術系の学生、個人で活動するアーティストなどが、発想力豊かなレベルの高い作品を出品しており、2回目の今年は1500件以上の応募があった。受賞作品は商品化されるものも。

11月3日、ヴィレッジヴァンガード主催の『雑貨大賞』の表彰式が行われ、入賞作品が発表された。審査員のひとり、やついいちろうさん(エレキコミック)は、「今年は、実用的ですぐにでも商品化できそうな作品が多かった」と好評価した。

〈大賞は〉『「湖面から突き出た足」製氷器』

「湖面から突き出た足」製氷器

出品者/乙幡啓子さん。大胆発想で堂々の大賞受賞。こんな氷ができたら…。かの金田一映画のワンシーンを思わせるコップから突き出た足の氷はホラー? それともコント?

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年7月16日(木) 発売

DIME最新号の特別付録はミクロの世界を楽しめる「90倍スマホ顕微鏡」!特集は「家ナカ オフィス改造計画」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。