人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2016.03.21

『リカバリーウエア』でラグジュアリー系・寝具系商品に参入するベネクスの戦略

 満員電車に長時間揺られて通勤し、夜遅くまで働くビジネスパーソン。自然と睡眠不足になり、なかなか疲れが取れず疲労が蓄積する。こんな状況が続けば、最悪の場合、健康を害してしまいかねない。最悪の事態を回避するためにも、休養が何よりも求められている。

 この休養に着目して開発されたのが、ベネクスの休養時専用ウェア『リカバリーウェア』。微弱な電磁波を発生するナノプラチナなどの数十種類の鉱物を組み合わせた独自開発の繊維「PHT」を使い、Tシャツやタイツなど様々なアイテムを発売。運動後や就寝時に着用すると「PHT」により副交感神経優位の状態に導かれやすくなることから、心身ともにリラックスでき、疲労からの回復が促進される。まず一流アスリートから火がつき、その後は一般人へも浸透。発売から8年で累計30万着を超える売れ行きとなっている。

 そんな同社がこのほど、ラグジュアリーウェアや寝具系商品に参入した。まずは3月9日に、三越伊勢丹が名古屋駅前の大名古屋ビルヂング内にオープンした中型店「イセタンハウス」内で開業する、休養をテーマにした日本初のセレクトショップ「Recovery Lab Produced by VENEX」で先行発売し、今秋頃から、全国の百貨店ならびに同社ホームページで販売を開始するという。

Recovery Lab Produced by VENEX

■新たな繊維を開発して新シリーズを展開

 このほど発売したラグジュアリーウェアと寝具系商品は、『Comfort』と『Sleep』の2シリーズで展開されている。ラグジュアリーウェアに当たる『Comfort』シリーズでは、運動から5時間後の自宅での団らん時の着用を想定したもので、ショートパンツ、ロングパンツ、半袖シャツ、長袖シャツ、パーカー(フーディーロングスリーブ)のほか、カーディガンやワンピース、などを発売する。一方、寝具系商品の『Sleep』シリーズでは、ロングパンツや長袖シャツのほか、ガウン、つなぎのように上下一体になったフード付きのウェア(オールインワン)を用意している。

『Comfort』シリーズ
『Comfort』シリーズで展開するワンピース(税込2万7000円)とフーディーロングスリーブ(同)。

『Sleep』シリーズ
『Sleep』シリーズで展開するオールインワン(税込4万3200円)

 これら2つのシリーズと『リカバリーウェア』の最大の違いは、使用する繊維。「PHT」ではなく、「PHTスーピマコットン」と呼ばれる繊維を新たに開発、採用している。

「PHTスーピマコットン」は、「PHT」と高級綿の「スーピマコットン」を混合したもの。「スーピマコットン」を混合したことで、従来の「PHT」に絹のような肌触りと柔らかさをプラスした。「PHT」を使った「リカバリーウェア」が、スポーツウェアのように光沢を帯びているのに対し、「PHTスーピマコットン」を使った『Comfort』シリーズと『Sleep』シリーズは、光沢はかなり控え目になっており、普段使いに違和感がない仕上がりになっている。

「PHTスーピマコットン」を使った生地は、ループとパイルの2種類。ループは夏場でも快適に着用できるよう伸縮性を高めて肌離れを良くし、パイルはオールシーズン使用できる。またいずれも、肌に当たる裏側に「PHTスーピマコットン」くるよう、編み方を工夫した。そして「PHTスーピマコットン」の風合いの良さを活かすべく、通常の衣類の2倍の時間をかけてゆっくり、ゆるく編まれているとのこと。その結果、ふっくらとした柔らかい生地となった。

 両シリーズとも『リカバリーウェア』と違い、スポーツ色を極力なくした点は共通している。また、両シリーズともキーカラーがミントグリーン。メンズ、レディースともに使用されている。珍しい色使いだが、清涼感があるため、癒しや疲れを取るといったイメージを想起させる。奇抜に写るが、商品の機能や目的からすれば、ピッタリといえる。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年1月16日(水) 発売

DIME最新号の特集は「あなたの願いをかなえる神ガジェット100!」「ニトリVS無印良品のコスパNo.1商品対決」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ