人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

「栓抜き」にこだわるとビールが美味しくなる!

2016.03.18

 ということで、今回のインプレッションはボトルものをと、クラフト系「ベアードビール」から。このブルワリーは2014年に、誕生の地・沼津から修善寺へ移転した。

●ベアードビール

ベアードビール
http://bairdbeer.com/ja/

 こちらのビールはすべて、自然発酵で無濾過だから、濁りがあって、そこがたまらない。味わいはどれもホップがしっかり感じられる。「ドライ・ホッピング」熟成中に生のホップを入れていく。

 ちなみに、2008年に、伊豆に次ぐベアードの2店舗目として中目黒に出店した、タップルームにオープン当時すかさず行ったものだ。内装もかっこいい。ウッディーでかなり僕の好み。

●ベアード・タップルーム 中目黒
詳しくはこちら

 では、「ベアードビール」のラインナップから4種を。

沼津ラガー

沼津ラガー
(ベアードビール 度数%  330ml)

ラガーなのにかなりエールっぽい! やや白濁。最初に甘味が来て、あと口に残るほどほどの苦味とのバランスが秀逸。酸味はない。雑味は少なくピュアで、紅茶っぽい味も感じる。泡持ちはよくない。

ライジングサン ペールエール

ライジングサン ペールエール
(ベアードビール 度数5.5%  330ml)

これはもうIPAだと言って出されたらそう思うレベルのなかなかの苦味。これぞエールというベーシックな優等生ペールエール。フレーバーのヌケがやや早い印象があるので、口の細いグラスで、ゆっくりではなくスイスイ飲むのが合っているかも。

濃い味付けの料理じゃないほうがこのビールの良さが生きる。我が家はこの日、トマトソースのロールキャベツだったがそちらはいまひとつ。対して、冷や奴と黒コショー風味のオリーブとは共に相性ばっちり。

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年9月16日(水) 発売

DIME最新号の特別付録は「マルチレンチ&ツール14」!特集は「オンラインビジネス入門」「Z世代の新・経済学」「軽自動車」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。