人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2016.03.17

鮫茶漬けで食べたくなる!沖縄の知られざる逸品『鮫ジャーキー』

■連載/ヨシムラヒロムの風土フード 鮫茶漬けで食べたくなる!沖縄の知られざる逸品『鮫ジャーキー』

ここのコーナーで紹介していくのは地元民でも知らない可能性のある品々。新たな名産品を作るために、試行錯誤した結果できてしまったもの。そのなかには、都会に住んでいたら絶対思いつかないグルメも多い。地方住民の生活や文化から誕生した全く新しい名産品候補群だ。僕は、それを「風土フード」と呼ぶことにした。

高校時代に友人が沖縄に修学旅行に行った。

もちろん、期待するのは土産である。ちんすこう、紅芋たると、ラフテー、と思いは巡る。しかし、帰宅した友人から、「ホレ、土産だ」と言って渡されたのは薄い紙袋。一瞬で、期待していたものと違うものを買ってきやがった理解する。封を開くと「海人」と大きくバックプリントされたTシャツ。肩口には僕の名前「HIROMU」とワッペンがアイロンプリント。言わずもがな、そのTシャツに袖を通すことはなかった。僕が初めてもらった『いやげ物』だった。

上記の思い出から沖縄には人一倍強い気持ちを持っており「いつか沖縄にバカンスへ行きたいなぁ」と常日頃から妄想している。青い空と青い海の下、ゴーヤチャンプルーやソーキソバ、サーターアンダギーなどのグルメを堪能したい。そんな沖縄への思いを巡らせつつ紹介するのは、もちろん沖縄の“風土フード”。『鮫ジャーキー』(500円)だ。

【風土フード】生産ラインを増やすくらい人気らしい沖縄県の「鮫ジャーキー」

見たことも、聞いたこともない鮫の肉を使用したジャーキーである。販売元の株式会社スクワラン本舗は、県から補助事業で沖縄の新しい土産を作ることになり『鮫ジャーキー』を開発したそうだ。状態の良い鮫のみを使用するために、水揚げ時から立会いをする。鮫はアンモニウムが強く、早めに処理をしないと酸化してしまう。そのため処理のスピードが味の決め手。

「嫌厭されている鮫肉だけど、食べ方によっては美味しいと伝えたかったんだよね」と社長は話す。味同様にこだわったのが見るものを惹きつけるパッケージデザイン。

見ての通り「ジョーズ」を参考にしたデザインはグっとくる。

「喰うか 喰われるか!!」のキャッチコピーもグっとくる。

このインパクトが強すぎるデザインもSNSで話題になることを睨んで。「年代の高い人は引くけど、若い人には好評だよ」と社長もニンマリ。「ぶっちゃけ、売れ行きはどうですか?」と聞くと「機械を増やさないきゃなならいほど、売れてるよ」とうれしい悲鳴をあげている。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2018年11月16日(金) 発売

DIME最新号の特別付録は「ゴルゴ13」のオリジナル万年筆!大特集は「2018年ベストヒットランキング」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ