人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2016.03.16

絶好調ポルシェの新モデル『718ボクスター』と『911R』はココを見よ!

■「ジュネーブ国際自動車ショー2016」レポート

 派手さとインパクトの強さでは百花繚乱のスーパースポーツカーに及ばなかったものの、スポーツカー&オープンカーもなかなかの粒ぞろいだった。その中でも大きな注目を集めていたのが2台の新型車をお披露目したポルシェ。1台は、3代目『ボクスター』のフェイスリフト版となる『718ボクスター』。もう1台は『911』の限定モデル『911R』である。

『718ボクスター』は最新の『911』同様、これまでの自然吸気エンジンに替えて、小排気量+ターボのいわゆるダウンサイジングエンジンを採用したのが大きなトピック。ちなみにポルシェは、それをダウンサイジングと言わずに“ライトサイジング”(=適切な大きさにする)と呼ぶ。これまで『ボクスター』は標準モデルが2.7L、高性能の『ボクスターS』が3.4Lのいずれも水平対向6気筒だったが、新型は標準モデルが2L、Sが2.5Lの水平対向4気筒ターボを搭載する。排気量も気筒数も少なくなったが、最高出力はともに35psずつ上乗せされ、それぞれ300psと350psへと出力向上が図られた。すでに日本市場での受注も開始されている。

絶好調ポルシェの新モデル『718ボクスター』と『911R』はココが肝! 絶好調ポルシェの新モデル『718ボクスター』と『911R』はココが肝!

 1967年に販売された限定車の名を冠したスペシャルモデルが『911R』。『911』は現在順次、エンジンを小排気量+ターボのダウンサイジングユニットへと刷新しているが、この新型『911R』は『911GT3RS』と同じ自然吸気の4L水平対向6気筒を搭載している。出力も『GT3RS』と同じ500PSだ。フェンダーとボンネットにカーボンを、またルーフにマグネシウムを使うなどにより軽量化が図られているのも同じ。

 ただし、サーキットで速く走ることを主眼に置いた『GT3RS』が2ペダルの7速PDKを用いているのに対し、スポーツドライビン時を楽しむためのスポーツモデルである『911R』はあえて6速MTを採用している。これが『GT3RS』と『911R』における一番の違いだ。外観からはリアの大型ウイングをはじめとする大型の空力付加物が取り除かれているのも特徴だ。販売は台数限定で、現行型『911』のモデル名にちなんで991台のみとなる。価格は『GT3RS』より99万円高い2629万円。

絶好調ポルシェの新モデル『718ボクスター』と『911R』はココが肝! 絶好調ポルシェの新モデル『718ボクスター』と『911R』はココが肝!

絶好調ポルシェの新モデル『718ボクスター』と『911R』はココが肝! 絶好調ポルシェの新モデル『718ボクスター』と『911R』はココが肝!

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年4月16日(火) 発売

DIME最新号の特別付録は「40kgまで量れるラゲージスケール」! 特集は「GW&出張に使える旅グッズ142」「最新極上ホテル33」 etc.

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。