人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

ブガッティ、ランボルギーニ、フェラーリ、マクラーレン、今年の注目はコレだ!

2016.03.14

■「ジュネーブ国際自動車ショー2016」レポート

 欧州自動車業界に春を告げる一大イベント、ジュネーブ国際自動車ショーが今年も3月1日のプレスデーを皮切りに開幕した。近年、ジュネーブモーターショーでは、スーパースポーツカーの活躍が目覚ましい。フェラーリやランボルギーニといった老舗ブランドをはじめ、多くのスーパースポーツカー・メーカーが新型車を挙って発表し、大きな注目を集めている。86回目を迎えた2016年もやはり、話題の中心はスーパースポーツカーだった。しかも今年は、いつものイタリアメーカーに加え、フランスの老舗スポーツカーメーカー、ブガッティが10年ぶりに新車をお披露目したことで、さらなる盛り上がりを見せたのだ。

ブガッティ、ランボルギーニ、フェラーリ、マクラーレン、今年の注目はコレだ! ブガッティ、ランボルギーニ、フェラーリ、マクラーレン、今年の注目はコレだ!

 ブガッティが10年ぶりに発表したニューモデルの名は『シロン』。2015年に限定450台を作り終え、生産を終了した『ヴェイロン16.4』の後継車である。フェラーリやランボルギーニよりもひと回り小さなブースからは人垣が絶えることがなく、注目度は今年のジュネーブ随一。今回のベスト・オブ・ザ・ショーといっても過言ではないだろう。

 ミッドシップに搭載される8.0LのW型16気筒+4ターボ・エンジンは先代の高出力モデル、スーパースポーツの1200ps/1500Nmをさらに上回る1500ps/1600Nmを発生。この怪力は『ヴェイロン』同様、7速DSGトランスミッションと4WDシステムを介して路面に伝えらえられる。最高速度は420km/h!

『ヴェイロン』標準モデルの407km/hでも十分驚異的だったが、その能力は『シロン』でさらに研ぎ澄まされている。フルカーボン製のボディは『ヴェイロン』よりもエレガントさが増し、性能だけでなく、スタイリングの面でもさらなる磨きがかけられた。『シロン』は500台の台数限定で、価格は240万ユーロ。邦貨にすると約2億9868万円! これはポルシェ『911』なら20台以上も買える金額だ。性能だけでなく、価格も超ド級のスーパースポーツである。

ブガッティ、ランボルギーニ、フェラーリ、マクラーレン、今年の注目はコレだ! ブガッティ、ランボルギーニ、フェラーリ、マクラーレン、今年の注目はコレだ!

 ブガッティ同様、フォルクスワーゲン傘下のランボルギーニも超ド級のスーパースポーツをお披露目した。『チェンテナリオ』だ。今は亡き、ランボルギーニ創始者、フェルッチオ・ランボルギーニの生誕100周年を記念した限定車だ。ランボルギーニのトップモデル、『アヴェタドンール』をベースに、専用のカーボンボディーとランボルギーニ史上最強となる770psの6.0L、V12エンジンが組み合わされる。

 最高速度は350km/h以上。『シロン』にこそ及ばないものの、スーパースポーツとしては十分以上の実力を持つ。『チェンテナリオ』も『シロン』同様、限定販売。ただし、その数はさらに少なく、今回お披露目したクーペが20台、ロードスターが20台の計40台。しかもすべてオーダー済み、つまり完売したという。価格はクーペが税別で175万ユーロ(邦貨換算で2億1778万円)。40台売ると総額で……という野暮な計算はしないように。

ブガッティ、ランボルギーニ、フェラーリ、マクラーレン、今年の注目はコレだ! ブガッティ、ランボルギーニ、フェラーリ、マクラーレン、今年の注目はコレだ!

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年9月14日(土) 発売

DIME最新号の特別付録は「デジタルスプーンスケール」!さらに激変するスマホの大特集に最新iPhone情報も!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。