人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

【ボツネタ企画塾】匿名で気持ちよく言いたいことが言える『すりガラスインタビュースタジオ』

2016.03.07

■「やってみたい」「してみたい」検索で、ビジネスの種を見つける

ありそうでなかった初体験を提供する商品・サービスがブレイクした例は数多くあります。

私もハマった例で言うと、閉じ込められた状況から謎を解いて脱出する「リアル脱出ゲーム」は、一度やってみたいから始まり、大勢がリピーターとして定着しました。マンガやドラマでしか見たことがなかった状況を非常に高いクオリティで体験できることがウケた例です。

思い返すとヒット商品の多くは、初体験を提供しています。ブームを起こす飲食店やテーマパークなどのロケーションビジネスもそうですし、商品に関しても、「一度食べてみたい」からハマるフード商品もあれば、使い心地を試してみたくて買った消耗品を手放せなくなり、ずっと買い続けることもあります。

大勢の人にとっての「初体験」を挙げていくと、そこにはたくさんのビジネスアイデアの種が隠されているのです。

では、初体験アイデアのネタはどうやって見つけたらよいのでしょう?

方法はいろいろありますが、私が日常的に実行しているのは、Twitterで「やってみたい」「してみたい」という言葉を検索することです。

「やってみたい」「してみたい」というコメントは、まさしくそれを初体験したいと関心を持っているモノゴトについています。検索で、実にいろいろな人が「○○やってみたい」と、やってみたいことをつぶやいている結果を見ることができます。これは非常に面白く、勉強になりますのでぜひ皆さんで試してみてください。

例えばこの原稿を書いている今、Twitterで「やってみたい」を検索した所、「小説60分やってみたい」というツイートが表示されました。知らない言葉だったので深く検索すると、みんなで同時刻に60分で小説を書いてみようというWEB上のイベント企画でした。そんな楽しみ方が存在することを初めて知りましたし、非常に面白そうだと思いました。オンラインイベントという形での企画が頭にどんどん浮かんできました。

同様に「してみたい」を検索したところ、「ゾンビ役をしてみたい」と出ました。お化け屋敷に入ったら、コースの中で他のお客を脅かす箇所があったら、やってみたいかも!という発想が浮かびました。

誰かが「やってみたい」と感じるモノゴトを見つけると、そこにはビジネスチャンスがたくさんあります。

【ボツネタ企画塾】正体を隠して、言いたいこと言える快感を味わえる『すりガラスインタビュースタジオ』

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年3月16日 発売

特別付録は進化した「超望遠12倍スマホレンズ」!5Gの最新情報や今買うべき新製品を一挙紹介!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。