人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2016.03.07

【ボツネタ企画塾】匿名で気持ちよく言いたいことが言える『すりガラスインタビュースタジオ』

■連載/高橋晋平のビジネスのヒントは「ボツネタ」にあり!

ボツ企画のダメなポイントを知れば、いい企画ができる。

この連載は、自分が過去に考えて没になった企画、すなわち「ボツネタ」を振り返ることで見えてくるビジネスアイデアのつくり方をご紹介するものです。

今回は、「初めての体験をしてみたい」という、人の潜在欲求に訴えるビジネスアイデアのつくり方についてお話します。

<今回のボツネタ>

【ボツネタ企画塾】正体を隠して、言いたいこと言える快感を味わえる『すりガラスインタビュースタジオ』

【商品名】すりガラスインタビュースタジオ

【コンセプト】匿名インタビューを体験しながら、言いたいことをWEBで発信できる!

【想定価格】30分1万円(税別)

【商品概要】

TVの報道番組で見かける、匿名インタビュー。曇ったすりガラス越しに、声もボイスチェンジャーで変え、話してもらうものです。正体をバラさずに、言いたいことを世の中にぶちまけられたら、快感です。スタジオで好きなことを話すと、その動画がWEB上で生放送され、視聴者はリアルタイムでコメントをつけることができます。

普段の悩みを話して、世界中の視聴者からコメントをもらうも良し、宣伝したいことを話すも良し。非日常のドキドキ感を味わいながら、気軽に大勢とコミュニケーションを取ることができます!

【ボツなポイント】
・モラルが崩壊する
・情報漏えいが起こりすぎる

魅力的な初体験ができる商品が生まれ、良かったという体験者の評判が拡散されていくと、利用者が増え、サービスが良ければリピーターを獲得して大きなビジネスへと育てていくことができます。

このアイデアは、1人で抱えて苦しんでいる悩みを、匿名で思いっきり喋ってみたいという潜在欲求をもとに考えた初体験ビジネス企画。いわゆる「王様の耳はロバの耳」です。しかし、軽く想像しただけでも、言ってはいけないことが発信されてしまったりするなどのリスクがたくさんあり、現実的ではないのでボツにしました。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2018年11月16日(金) 発売

DIME最新号の特別付録は「ゴルゴ13」のオリジナル万年筆!大特集は「2018年ベストヒットランキング」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ