人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2016.03.06

25年ぶりにリニューアルした東武池袋本店レストラン街「スパイス」の注目店4選

■連載/阿部純子のトレンド探検隊

◆高級レストランからカフェまで5フロアに都内最大級の46店舗がひしめく

 店を選ぶのに迷ってしまいそうな巨大なデパレス(デパートレストラン)が誕生した。東武百貨店池袋本店のレストランエリアの「スパイス」が、昨年6月からの5層に渡るレストラン部の改装を経てグランドオープンを迎えた。11~15階の5フロアを合わせると都内最大級の46店舗。有名店の新業態が6店舗、初出店が16店舗、飲食店以外にエステ関連の店が3店舗ある。

「これまでご愛顧いただいたお客様から“東武さんのレストラン街は食事にはいいけれど、それ以外は使いづらい”というお声があった。食事をしながらお酒を飲んで楽しめるところ、お茶ができるカフェがもっと欲しいというご意見をたくさんいただいていたので、今回の改装ではそれらを受けて飲めるフロアを14階に、カフェのフロアを11階に作った」(東武百貨店常務取締役 本店長 紫桃 満之氏)

「スパイス」のコンセプトは「食べたいものが必ず見つかる池袋のメインダイニング」。1日の乗降客が270万人を数える巨大ターミナル駅の上に立地した、駅直結の抜群のアクセスが売りだ。5つのフロアで展開し、4つのコンセプトでまとめたことで、利用目的やその時の気分で選びやすくなった。

 15階は百貨店の最上階にふさわしい京懐石やフレンチなどのプレミアムダイニング。14階はバー&ダイニングで、酒を飲みながら食事を楽しむ夜の雰囲気を味わえる。12、13階はバラエティダイニングで寿司、そば、てんぷら、とんかつといったおなじみの店が揃っている。11階はカフェ&ダイニングでカジュアル感を全面に打ち出している。

「利用シーンを増やすことで客数は前年比の118%増、売上は120%増を見込んでいる。先行オープンした13~15階の3フロアの実績は客数が前年同月比で220%を超えた。売上高は120%と好調なスタート。飲みに行くことを目的とした14階では夜の売上がオープン当初は54%だったが、今では58%を超えるにいたっており、狙った効果が出始めている」(東武百貨店取締役 山本 憲一氏)

巨大デパレスが出現!東武百貨店池袋本店のレストラン街「スパイス」が25年ぶりの全面リニューアル

「スパイス」の入口となる11階は天然光が入り明るく開放的なフロアになっている。メイン通路沿いには見通しの良いテラス席を配置して、待ち合わせにも使いやすくなっている。今回はリニューアルの最後にオープンした11、12階のフロアから注目の店舗を紹介しよう(価格は税抜)。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2018年11月16日(金) 発売

DIME最新号の特別付録は「ゴルゴ13」のオリジナル万年筆!大特集は「2018年ベストヒットランキング」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ