人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2016.03.05

【PC Audio Lab】萌音と回る冬のポタ研レポート<イヤホン&ヘッドフォン編>

■連載/ゴン川野のPC Audio Lab

【PC Audio Lab】萌音と回る冬のポタ研2016のディープな魅力(イヤフォン&ヘッドフォン編)

■Introduction

2月のオーディオイベントと言えば、フジヤエービック開催の「ポータブルオーディオ研究会2016冬」、通称ポタ研である。研究会だけあって新製品よりもマニアックな展示が期待できる。それゆえ女子率は低く会場は男だらけの可能性が高い。今回はお忍びで家電ティーチャー・奈津子も潜入していたようだが。PCAudioLabはFitEarのイメージキャラクター萌音の非公認コスプレーヤー同伴で会場に乱入した! ※主催者に特別な許可を得て撮影しています

■Report

FitEar

萌音のコスプレなので最初に取材するのはやっぱりFitEarである。しかし、我々の想像をくつがえす事態発生! Aya冬バージョンのデビューである。ミニスカなのにスリットがあるという斬新なコスチュームは夏バージョンよりさらにスカート丈が短く、しかし、スリットは浅くなったように見えるが、これは『FitEar Aya~snow~』が中国で先行デビューしたことに関係するのだろうか。謎は深まるが、次回のコスプレはAyaでいきたいと決意した。

肝心の『FitEar Aya~snow~』だが、まずイヤモニの色が違う。それに合わせてケーブルが005シルバーバージョンに変更されている。これだけで音は違うのか! カスタムイヤモニなので簡単に比較試聴できないが、ケーブルの音の違いが分かる人なら、違いが分かるはずだ(当然の結論)。恒例の「須山ジャンク堂」も開かれ、ここで販売されるものがジャンクではなくむしろお宝と気付いた人が大量に来るようになり一点物が次々と売り切れていた。

【PC Audio Lab】萌音と回る冬のポタ研2016のディープな魅力(イヤフォン&ヘッドフォン編)

これが冬バージョンのAyaである。カスタムイヤモニのAyaのユニット構成が非公開になっているせいなのか、こちらのキャラ設定も不明だ。千代田区にある高校の2年生、剣道部に在籍するが、廃校の危機を救うために秘策を...... という設定がいいなあ

【PC Audio Lab】萌音と回る冬のポタ研2016のディープな魅力(イヤフォン&ヘッドフォン編)

AyaはFitEar初の3Dプリンターを使ったカスタムイヤモニ。純粋に音だけで評価して欲しいという願いからユニット構成を非公開にしている

【PC Audio Lab】萌音と回る冬のポタ研2016のディープな魅力(イヤフォン&ヘッドフォン編)

お馴染みのペリカンケースもホワイトが付属する。そこまでやるならソフトケースもケーブルクリップもホワイトにして欲しかった

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年6月14日(金) 発売

DIME最新号の特別付録は「メンズ美的ビューティーボックス」!  特集は「2019年上半期ヒット商品大研究」「NEW渋谷の全貌」etc.

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。