人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2018.04.25

シューズデザイナーおすすめの休日に履きたいオトコマエな靴4選

■KATSUKAWA'S SELECT 2

デニムチロリアンシューズ

H?Katsukawa From Tokyo
デニムチロリアンシューズ
6万4000円(税別)

 前出のチロリアンシューズと同デザインながら、モカシン部分の素材がデニムに変更されたデニムチロリアンは、伊勢丹メンズ館限定のコレクション。アウトソールには軽量性と柔軟性に優れたタイプのビブラムソールが採用されている。レザーとデニム、それぞれの経年変化を楽しむことができるあたりも、大人のためのシューズと言えるだろう。

デニムチロリアンシューズ

勝川さん:デニムの産地として有名な岡山県にある、岡本テキスタイルさんという会社のデニムを使っています。色合いもこのコレクションのために調整して頂きました。オールレザーのものよりも軽快な印象なので、春夏シーズン向きだと思います。インソールに入れたタグは、今回のデニムコレクション用に作ったものです。アウトソールは軽く、柔軟性のあるものなので、革靴よりもスニーカーを履くことが多いという方にも、満足してもらえる履き心地になっていると思います。

■KATSUKAWA'S SELECT 3

デニムスニーカー

H?Katsukawa From Tokyo
デニムスニーカー
2万6000円(税別)

 ビブラム社のモールドソールを使ったスニーカーは、チロリアンシューズと同じくシティクライミングシリーズとして作られたもの。トレッキングシューズなどに使われることが多いこのソールを使うことから逆算して木型を起こし、コンフォートを追求。アウトソールに合わせて木型を作るというのは、勝川さん自身、初めての経験だったそうだ。今ではH?Katsukawa From Tokyoの定番モデルの1つになっている。岡本テキスタイルのデニムを採用した今モデルは、伊勢丹メンズ館限定となる。

デニムスニーカー

勝川さん:シティクライミングシリーズを作るにあたり、1足はスニーカーを作ろうと思って出来上がったのがこのモデルです。採用したビブラム社のモールドソールはアウトドア系のもので、これを企画した当時はタウンユースのシューズとしてはあまり使われていないタイプでした。木型も日本人の足に合うように作っているので、多くの人に履き心地の良さを感じでもらえると思います。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年7月16日(火) 発売

DIME最新号の特別付録は超強力なUSBモバイル扇風機!大特集は「夏の新製品辛口評価テスト」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。