人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

アプリをリストラしたら『iPhone』のバッテリーの持ちが劇的に改善した!

2016.02.28

■連載/小口 覺のスマートフォンハックス

 iPhone 6のバッテリーが、すさまじい勢いで減るようになってきた。どのぐらいの勢いかというと、夜寝るときに80%ほど残量があったのが、朝起きたら0%になっている。寝坊なんじゃなくて、朝6時とか7時の時点でだ。

 もちろん、日中の減りっぷりも半端ではなく、昼前に100%にしても夕方で20%を切るので、ちょっとした外出でもモバイルバッテリーが欠かせなくなった。

 で、原因を探るのだが、これといって見つからない。よく指摘される、GPSやBluetooth、テザリングのオンオフなども気をつけているので原因とは思えない。バッテリー自体がへたっているのかとチェックしてみたが、サイクル数482と極端に容量が劣化する数値ではない。

 特定のアプリが原因かとも考える。少し前まで、バッテリーをひどく消費するアプリとしてやり玉に挙がっていたのは、Facebookアプリだ。「設定」→「バッテリー」でアプリごとの使用状況をチェックすると、確かにFacebookアプリは7日以内で47%と多い。しかし、Facebookアプリのバッテリー消費問題はアップデートで解決しているはずであり、実際の使用時間も長いので、ここまで電池が持たない原因と決めつけるには証拠に欠ける。

 3月に発売されると噂されている5インチの新しいiPhone 5seに買い替えるかと、気持ちは物欲方面に流れるが、その前に初期化することにした。初期化して、まっさらな状態から使えば、バッテリー持ちが直る可能性は高い。もしかしたら、バックアップから復元しても症状が直るかもしれない。最新の状態のバックアップを取るのを機に、使っていないアプリを整理することにした。

 300ほどあったアプリを、142本に絞った。ホーム画面は8枚使っていたのが4枚になった。アプリを探す時間も減らせるし、アプリ断捨離は定期的に行うべきですな。

 快適、快適と、初期化するまでの間、iPhoneを使っていたのだが、あることに気づく。あれ、なんかバッテリーの減りが遅くなってないか!?

 バッテリーの減りをモニターするためにインストールしてあった、「NKBattery」なるアプリを見ても、下がる速度はゆるくなっている。念のため、ひと晩放置してみたが、午前1時で94%だったバッテリーが、午前7時で81%にしか減っていない! これ普通だろうと思うだろうが、ひと晩でバッテリーが空になっていたので感激である。

 犯人は確認できなかったが事件は解決した。仮説だが、アプリの「バックグラウンド更新」が原因だったと思われる。なにせ、160本ほど削除したわけで、1本1本のバックグランド更新で消費する電力は僅かでも、チリツモでバッテリーをひと晩で空にしていたのかもしれない。集団による犯行だったのか?

 謎の電池持ちの悪さに悩まされている人は、使っていないアプリの整理を試してみてはいかがだろう。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年9月14日(土) 発売

DIME最新号の特別付録は「デジタルスプーンスケール」!さらに激変するスマホの大特集に最新iPhone情報も!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。