みんなのお買い物ナビ @DIME

  1. TOP
  2. >連載
  3. >【仕事の処方箋】妻に不倫をされる男…

【仕事の処方箋】妻に不倫をされる男性の特徴(2016.02.23)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

■連載/あるあるビジネス処方箋

 前回は、男性社員の不倫をテーマにしたが、今回は、妻が不倫をしてしまった男性(夫)の特徴について紹介したい。私が会社員時代などを振り返ってみて、どれも思い浮かんできた話だ。ここで紹介するのは、妻に愛想をつかされてしまった、男性会社員たちの特徴的な言動だ。あなたの周りにいる男性で、こういう人はいないだろうか。これまでの取材経験からいうと、妻に不倫をされる男性は、職場での人間関係がうまくいっていない傾向がある。特に、部下との接し方について問題が多い。

1.ありえない家庭を求める

 不倫をされる男性は、得てして“完璧主義”が多い。理想を通り越した空想を追い求める傾向がある。家では、「妻はこうあるべき」「子どもはこうでなければならない」などと、自分の理想を追求するように言う。そもそも、妻や子がそういうタイプでなかったりするのに、なぜか「こう、あるべきだ」と家族に自分の考えを押し付ける。ある意味、規範意識が強すぎるのだ。

 だが、こういう家庭にいると、妻も子も当然、息苦しくなってくる。長い月日が経つと、妻の心は他の男性に移ったり、子どもは非行や引き込もりに走りやすくなる。そんな意識がなくても家族を苦しめるような夫は、当然、家族からの謀反を受けるようになる。妻に不倫をされてしまう男性は、会社でも、部下たちに対して、完璧なものを求める傾向がある。部下たちが、そこまでのレベルではないのに、あまりにも高い水準を求めようとする。これがやがて、部下からの反発を招くきっかけとなる。

2.自分への礼賛を求める

 妻に不倫をされやすい夫は、どちらかというとナルシストであり、自分の理想像もかなり高い。自分を高いところに置きたがるのだ。だからこそ、妻や子にも高いものを求める。こうなると、家族関係にきしみが生じる。しかも、職場でも、部下に対して同じようなものを要求する傾向がある。困ったことに、不倫をされる男性はナルシストだからこそ、周りに自分への礼賛も求めるのだ。妻や子には「パパは偉いね」「お父さんはがんばってるね」、部下には「部長の判断はすばらしい!」「部長の意思決定は迅速」などと言ってもらいたいのだろう。中には、そう言ってもらえない場合、暗に言うように仕向ける人も多い。妻や子、部下たちが素直に従わなければ、感情的になったり、冷たくあしらう。要は、常に自分が中心でありたいのだ。つまり、精神が大人になりきれていない。

【仕事の処方箋】妻に不倫をされる男性の特徴

1 2 >>
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
@DIMEのSNSはこちらからフォローできます
  • Facebook
  • Twitter
  • ジャンルTOPへ
  • 総合TOPへ

TOPへ

小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント広告掲載について

© Shogakukan Inc. 2018 All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.
掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。