人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2016.02.23

MVNO主要5社のSIMカード徹底比較【通信設定編】

ちゃんとつながる?スピードはどうなの?格安SIM&スマホの使い勝手をチェック【操作編】

 格安SIMを提供するMVNOのSIMカードは、本当に電波をきちんとキャッチできて、音声通話やデータ通信が快適に使えるのか…そういった不安を感じることもあるだろう。

 MVNOはドコモ、auといった主要キャリア(MNO)の設備を借りてサービスを提供しているが、電波はまったく同じものだ。電波強度もエリアも、ドコモの回線を借りているMVNOだったらドコモ、auの回線を借りているMVNOだったらauと同じだ。

 MVNOのSIMカードを端末に差すと、自動で電波をキャッチし、音声通話に対応したSIMカードであれば通話は即可能だ。一方、データ通信はSIMカードを挿しただけではできるようにならない。MVNOの場合は、APN(Access Point Name)と呼ばれるネットワーク接続に必要な情報を端末に入力する必要があるのだ。しかし、実はこれも、最近のAndroid端末だとSIMカードの組み合わせによっては必要ない。SIMカードを挿して2~3分程度放っておくと自動でつながってくれる。ちなみに、iPhoneの場合は「APN構成プロファイル」という設定データをMVNOのウェブサイトなどからダウンロード&インストールする。

 データ通信速度はMNOとまったく同じというわけではない。また、MVNOを利用するなら、基本的に自分でSIMカードを端末に挿さなくてはいけないし、MNOを利用していた際には意識しなくてよかったAPNの設定を、自分でしなくてはならない場合もある。MVNOとMNOではさまざまな違いがあり、初めてSIMフリー端末とMVNOのSIMカードを使う人なら、疑問や不安を感じるのは当然だ。

 そこで、5社のMVNOのSIMカードを、SIMフリー端末で実際に使ってみて、データ通信設定や通信速度をチェックしてみた。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2018年11月16日(金) 発売

DIME最新号の特別付録は「ゴルゴ13」のオリジナル万年筆!大特集は「2018年ベストヒットランキング」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ