人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

早朝羽田発、台北でランチ!ピーチ羽田~台北線搭乗記【後編】

2016.02.22

■連載/鳥海高太朗のTRAVEL HACKS!

前編では、ピーチで羽田空港を朝5時55分に出発して、台北・桃園国際空港に8時40分過ぎに到着し、バスに乗って台北市内に午前10時半過ぎに到着したところまでをレポートした。後編では台北滞在記と帰国便をレポートする。

■小籠包を食べて、「十分」も満喫できる

午前10時半に台北市内中心部のホテルに到着。まだチェックインはできなかったが、荷物だけ置いて観光へ出発。まずは少し早めのランチということで小籠包が食べられるお店へ。日本でも馴染みの深い「鼎泰豐(ディン タイ フォン)」の本店も大好きであるが、今回は最近人気上昇中の「蘇杭點心店」へ行ってみることにした。豚肉がメインの蘇杭小籠包とヘチマが入った絲瓜蝦仁湯包がおすすめなのだが、小籠包を口に入れた瞬間に肉汁がたまらなく美味しく、ヘチマの小籠包も今までにない食感で絶品。あっという間に蒸籠の中の小籠包が減っていくのであった。

MRT「古亭」駅から程近い場所にある「蘇杭點心店」。 MRT「古亭」駅から程近い場所にある「蘇杭點心店」。

MRT「古亭」駅から程近い場所にある「蘇杭點心店」。
MRT「古亭」駅から程近い場所にある「蘇杭點心店」。看板メニューの「蘇杭小籠包」とヘチマ入り「絲瓜蝦仁湯包」がおすすめ

お腹がいっぱいになったところで、昼から半日でも楽しめるショートトリップへ出発。最近、台湾のローカル線が脚光を浴びており、その中でも最近注目を集めているのが平渓線。台北駅から特急列車で約30分乗車した瑞芳駅からローカル列車平渓線の旅がスタートする。列車に揺られながら台湾の田園風景を楽しみ、約30分ほどで十分に到着。十分駅に到着する直前、線路のすぐ脇に商店街がありその横を列車が進んでいくのだ。早速下車してみると、そこにはチャイニーズランタン「天燈」飛ばしで観光客が楽しんでいる光景が。そこで筆者も飛ばしてみることに。好きな色の組み合わせを選ぶことができるようになっている。例えば、黄色・オレンジ色・緑色・ピンク色の4色(200元:約800円)の「天燈」は、金運+恋愛運+開運+幸福を意味し、自分の願いを墨で書いて空に飛ばすのである。これがやってみると実に爽快。スッキリとした気持ちになるのだ。再び平渓線に乗って瑞芳駅で下車し、タクシーで10分ほどの九份へ。九份では夜景を楽しみ、美味しいお茶を飲んでから初日は台北に戻った。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年11月15日 発売

DIME最新号の特別付録は「スタンド一体型簡易スマホジンバル」!今年から5年先のトレンドまで丸わかり!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。