人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2016.02.19

『クイーン ボヘミアン ラガー』が奏でるビールと音楽のマリアージュ

■連載/石黒謙吾のLOVEビール
〜語ってもウザくならない、スマートでコクのあるビールの話〜 『クイーン ボヘミアン ラガー』が奏でるビールと音楽のマリアージュ

 ビールが好き、もっと知りたい&楽しみたい。でも、マニア向けのものは結構、とは言っても当たり前の話は知ってる。そんな、粋でイケてるビールファンに贈る、なんでもありの読み物です。語ってもウザくならない、スマートでコクのあるビールの話をお楽しみください。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 先日、ビール関連のメルマガが届き、そのキャッチーな見出しが目に留まった。「クイーン公式ビール大好評」と。なんだそれは。まさかと思うが、女王ってことじゃなく、あの、ロックのほうのクイーンだったりして、と本文を読んでみると本当にそうだった!

 なんなんだそれは!?

 その名もケレン味なく『クイーン ボヘミアン ラガー』ときましたよ。1975年に大ヒットした名曲「ボヘミアン・ラプソディ」発売40周年記念での発売らしい。このビール全然知らなかった。

『クイーン ボヘミアン ラガー』が奏でるビールと音楽のマリアージュ
『クイーン ボヘミアン ラガー』
(ベルギー 度数4.5% 330ml)
http://www.belgianbeer.co.jp/lineup/detail_1434.htm

ピルスナーらしい美しいゴールドはクイーンのきらびやかなイメージどおりだが、味のほうは違って、素朴さというか、有機っぽさ、いい意味での田舎くささが漂う。クリスタルな印象の中に残る、微妙なエグ味がむしろ心地良い。舌先ではなく舌の奥に残る苦味と、少々の甘味、酸味はほぼ感じない。発泡感は弱め。

 音楽のほうは当然クイーンを聴きながらとして(笑)、味のマリアージュのほうはどうだろう。濃い味の料理ではこのビールの良さが押し流されそう。ぱっと思い浮かんだのは、アスパラサラダ。薄味のハムやソーセージもいいだろう。ちなみに、イギリスのバンドなのに、チェコのビールってのは笑っていいところだね。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2018年11月16日(金) 発売

DIME最新号の特別付録は「ゴルゴ13」のオリジナル万年筆!大特集は「2018年ベストヒットランキング」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ