人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2016.02.17

日産が開発した自動で定位置に戻るイス『INTELLIGENT PARKING CHAIR』【動画付き】

日産自動車は、駐車の際に自動でハンドルを操作しドライバーをサポートする自社の車両搭載技術「インテリジェントパーキングアシスト」から着想した先進的なイス、『INTELLIGENT PARKING CHAIR』を公開した。

preview-768x432

『INTELLIGENT PARKING CHAIR』は、ローラーを内蔵した脚部を持ち、自動操舵で360度移動できる本体と、イスに向けて移動位置を指示するシステムから構成された〝自動で自ら定位置に戻るイス〟。『INTELLIGENT PARKING CHAIR』を導入した会議室やオフィスでは、天井の四隅に位置をモニタリングする感知器を設置し、そこから得られる「トップビュー」を無線でイスに伝えることで、あらかじめ指示した「駐車場所(定位置)」へと移動させる仕組みになっている。

散らかったイスが、センサーと自動操舵により整然と元の場所に収まる。『INTELLIGENT PARKING CHAIR』は、日産の最新車両に搭載している「インテリジェントパーキングアシスト」から着想を得て開発された。「インテリジェントパーキングアシスト」では、車体のフロント、リア、サイドミラー両側の4箇所にカメラを搭載し、各カメラの映像を変換することでトップビューを作成。これを見ながらクルマの駐車位置を指定すると、自動的にハンドル操作が行なわれるシステムだ。

メカニズムの詳細は異なるが、「トップビューから位置を分析する」、「自動操舵により正確に移動位置をコントロールする」、といった基本コンセプトは、そんな「インテリジェントパーキングアシスト」と同じだ。何より、人の手を煩わせることなく、整然とイスが定位置に収まる驚きと快感は、日産が提供する車両搭載技術と同じ感覚をもたらしてくれる。

『INTELLIGENT PARKING CHAIR』は、「技術の日産が、人生を面白くする。」というコーポレートメッセージを具現化する技術プロモーションのひとつとして行なわれる。実際のイスの制作は、最先端のデジタルプロモーションを手掛けるインタラクティブカンパニー「BIRDMAN」が担当した。

今回の公開に際して日産では、「日産自動車の最新の車両搭載技術が、身近な日々の生活に加わったらどうなるか? その具体的な例をきっかけに、日産の技術の魅力をより多くの方に感じていただきたいと考えています」とコメントしている。

■実際の動きはこちらから。

<関連情報>

http://www.nissan-global.com/JP/NEWS/2016/_STORY/160215-01-j.html

(文/編集部)

 

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2018年11月16日(金) 発売

DIME最新号の特別付録は「ゴルゴ13」のオリジナル万年筆!大特集は「2018年ベストヒットランキング」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ