人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2016.02.21

イトーキとインターオフィスがコラボ!金管楽器に着想を得て生まれたオフィス家具「i+」

■連載/阿部純子のトレンド探検隊

◆普段あまり重視されていないオフィスアイテムに着目した「i+」

 オフィスファニチャーメーカーのイトーキと、オフィスデザインや輸入家具販売を手掛けるインターオフィスのコラボレーションで誕生した、オフィスファニチャーのブランド「i+(アイプラス)」が発売を開始した。

 プロダクト開発に携わったのが、インターオフィス取締役であり、以前@DIMEでも紹介した「テラダモケイ」や、アイスクリーム専用スプーン「15.0%」などを手掛ける、建築家・デザイナーの寺田 尚樹さん。代官山T-SITEで開催されたブランドローンチイベントにて、「i+」ブランドが誕生した背景や製品の特長などについて、寺田さんとイトーキ プロダクトデザイン室長の櫻井 多弥男さんにうかがった。

金管楽器のような美しいファニチャー「i+(アイプラス)」は、オフィス家具に新たな風を巻き起こすか?

「デザイナーとして日本のオフィスファニチャーを見ると、画一的で選択の幅が少ないと以前から感じていた」と話す寺田さん。イトーキとインターオフィスの提携は当初、営業協力の予定だったが、デザイナーである寺田さんがプロダクト開発にも意欲を見せると、ライバル会社の枠を超えたコラボレーションブランドの立ち上げに話しが進んだ。今回のブランドローンチで発表されたものは、ホワイトボード、テレフォンスタンド、コートスタンドの3種類。

金管楽器のような美しいファニチャー「i+(アイプラス)」は、オフィス家具に新たな風を巻き起こすか?

「通常のオフィス家具といえば、イスやテーブル、ワークステーションだが、そういった大きなものは他社がやっている。でも今回のようなアクセサリー的なものまではなかなか手が回らないのか、デザイン的にも選択肢が少ないと感じていた。インテリアにこだわりがありデザイン性の高いものを選んでいる会社が、ホワイトボードを買おうとしても同じようなデザインのものしかなくバランスが合わないことも多い。そこをきちんとやってあげたいという想いが今回の製品化になった。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2018年11月16日(金) 発売

DIME最新号の特別付録は「ゴルゴ13」のオリジナル万年筆!大特集は「2018年ベストヒットランキング」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ