人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2016.02.21

3月25日以降順次スタート!『iPhone 6s/6s Plus』のSIMロックを解除する方法

 昨年9月に発売された『iPhone 6s/6s Plus』が、2016年3月25日以降順次、SIMロック解除が可能になる。その手続きは? 料金はどうなる? 確認してみよう。

ついに半年の縛りから解放!iPhone 6sをSIMロックフリーに

■基本は端末購入日から6か月以上経過が条件

 2015年5月から、総務省の新ガイドラインにより、ケータイ、スマートフォンは原則、SIMロックの解除に応じなくてはならなくなった。「iPhone 6s」シリーズも義務化に対応し、携帯通信会社(キャリア)から販売されるiPhoneとしては歴代で初めて、SIMロック解除に対応するモデルとなったのだ。

 各キャリアで若干の差はあるが、SIMロック解除する場合、

1.端末購入から6か月以上が経過
2.各社のWebサイトからの手続きでは原則無料(ケータイ、スマホから手続きできない場合もあり)

といった形になっている。ドコモはそれに加えて、6か月前にSIMロック解除をドコモの契約回線で行っていれば、即日SIMロック解除が可能だ。

■Webでの手続きは極めて簡単

 では、実際にSIMロック解除はどうすればいいのか? ドコモを例にして検証してみよう。ドコモの場合は、

1.パソコン(My docomo)で手続きする
2.電話で手続きする
3.ドコモショップで手続きする

以上の3パターンで手続きすることができる。ただし、電話とドコモショップでの手続きの場合、一部端末、データ通信製品を除き3000円の解除手数料がかかる。さらに順番待ちの時間などを考えれば、パソコンでの手続きが有効だ。ただしケータイ、スマホからの手続きはできないので、ご留意を。

 SIMロック解除の手続きは極めて簡単だ。「My docomo」のトップページ→「お客様サポート」→「手続きのご案内」とページを進めて「SIMロック解除の手続き」を行なう。

ついに半年の縛りから解放!iPhone 6sをSIMロックフリーに

 そこで端末を選び、製造番号を入力する。後は手続き内容を確認し、受付確認メールの送信先を選ぶだけ。たったこれだけでSIMロックはあっけなく解除される。

 その後、「iPhone 6s」シリーズのSIMカードを、他キャリアのSIMに差し替えれば、アクティベーションが行われ、数分で終了。全ての作業時間をトータルしても10分程度で済むのた。

 MVNOのSIMを使う場合は、各社の構成プロファイルをインストールする必要があるが、各MVNOのサイトにファイルが置かれている場合がほとんど。手続きも簡単だ。

ついに半年の縛りから解放!iPhone 6sをSIMロックフリーに

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2018年11月16日(金) 発売

DIME最新号の特別付録は「ゴルゴ13」のオリジナル万年筆!大特集は「2018年ベストヒットランキング」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ