人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2016.02.18

累計販売数900万個を突破したコクヨの使い切りテープのり『ドットライナープチ』

 コクヨは、同社が販売するテープのり『ドットライナープチ』が2010年の発売以来の累計販売個数が900万個を突破し、また2015年の売り上げでは、使い切りテープのりとしてNo.1を記録したことを発表した(2016年2月時点)。2010年3月にペンケースにいれてもかさばらない超ミニサイズのテープのりとして販売を開始した『ドットライナープチ』は、学校や外出先にも持ち運べる便利グッズとして、ついに900万個という大台に到達。プリントの貼り付け作業が多い中高生にも、学習時のアイテムとして利用されている。

累計販売数900万個を突破したコクヨの使い切りテープのり『ドットライナープチ』

■テープのり売り上げの伸長

 粘着剤を“塗るタイプ”ののりではなく、粘着剤をフィルムテープから紙面に転写し、接着を行うテープのりは、手を汚さずに貼れる点、紙がよれない点、ムラがなくキレイに貼れる点などから、オフィスや一般家庭でも広く普及している。同社が製造・販売を行っているテープのり「ドットライナーシリーズ」に関しては、全シリーズ累計販売個数は8000万個を突破しており(2016年2月現在)、2006年と2014年の販売個数を比較すると、5.3倍に伸長(コクヨ調べ)。

その間、常に右肩上がりの販売数を達成した。その中でも学生をターゲットに“超ミニタイプ“として展開している「ドットライナープチ」は2010年から販売を開始し、この度累計販売個数900万個を突破。また、2015年の売り上げ数でも使い切りテープのり商品の中で1位を記録しているという。

累計販売数900万個を突破したコクヨの使い切りテープのり『ドットライナープチ』

■携帯性重視の学生視点で作られた「ドットライナープチ」

 2005年に同社が発売を開始した詰め替え可能テープのり『ドットライナー』の発売以来需要が年々高まりつつあるテープのりだが、同社では様々なテープのりを開発してきた。その中で2010年に登場したのが「ドットライナープチ」。以前からコンパクトサイズのテープのりとして『ドットライナーミニ』という商品は発売されていたが、ペンケースに入れて持ち運びたいと考える学生の間では、さらに小さいサイズのテープのりが求められていた。そのような背景から本体設計やのり面に工夫を重ね、ペンケースに入れて常に携帯し、いつでもプリントを貼ることができる“消しゴムサイズ”の「ドットライナープチ」が誕生したのだ。

累計販売数900万個を突破したコクヨの使い切りテープのり『ドットライナープチ』 累計販売数900万個を突破したコクヨの使い切りテープのり『ドットライナープチ』

 また、学生がノートへプリントを貼る機会はたくさんあるが、それは学校内だけではない。2011年の調査では、学校では中高生1人あたり年間1,000枚を超えるプリントが配られ、学生がのりを使用する用途の大半が『ノートへのプリント貼り』であると判明した一方で、学校以外の場でもプリントを切り貼りする機会があるようだ。携帯性の高い『ドットライナープチ』は、そのような環境の中で学習時のアイテムとして活用されている。『ドットライナープチ』を改良し、より使いやすくなって2015年11月11日に登場したのが『テープのり<ドットライナープチプラス>』。持ち運びに便利な消しゴムサイズのテープのりに、テープの長さ10mを実現し、ペンケースに入れてもゴミがつきにくいフルカバーキャップを新たに付け、全国の文房具コーナーにて販売されている。

累計販売数900万個を突破したコクヨの使い切りテープのり『ドットライナープチ』 累計販売数900万個を突破したコクヨの使い切りテープのり『ドットライナープチ』

累計販売数900万個を突破したコクヨの使い切りテープのり『ドットライナープチ』

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2018年11月16日(金) 発売

DIME最新号の特別付録は「ゴルゴ13」のオリジナル万年筆!大特集は「2018年ベストヒットランキング」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ