人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2016.02.18

週刊秘境酒場★至福の時間が訪れる等々力のディープもつやき『T』

■連載/カーツさとうの週刊★秘境酒場開拓団

至福もほどがあるディープもつやき、等々力『T』さんの評価

オヤジス度    ★★★
エルドラ度    ★★★
オヤジナリティー ★★★

 ついに出ました、久しぶりのフルマーク!! オヤジス度、エルドラ度、オヤジナリティー全てにおいて驚愕のド迫力!!

 それが東急大井町線の等々力駅すぐのもつやき屋『T(仮名)』だ!!

 もうね、店頭の雰囲気からして驚く。なにしろ等々力っつったら世田谷の高級住宅街ですよ。今気になって調べたら、住宅地の公示地価としては世田谷区でも高い地区だそうっすよ。そんなところの駅前に、もう、

「ボロボロ…」

 っていっていいような店が一軒ポツンと佇んでいる。まぁ“ボロボロ”が失礼だとしたら“年季が入ってる”って表現になるんですが、まぁ、通常の表現だったらボロボロですよ。ボロッボロですよ。

 そんな店が等々力の駅前に鎮座する。その圧倒的な場違い感といいますか、知らぬモノを寄せつけない強烈なまでの秘境オーラ!!
 
 さらに店頭に掲げられた暖簾! なんつうんでしょうね、まぁスリ切れてます。スリ切れて荒くなっちゃった暖簾の繊維越しに、店の中の明かりが外に漏れてる始末です。

 それにプラスして、暖簾表面にはお客さんの手アカだなんだが、少ォ〜しずつ少ォ〜しずつ付着し続けたんでしょうね、なにやら生地にガビガビ感まである。繊維がスリ切れて、本来ならばテロテロになってなきゃいけないのに、ガビガビになってる!

 これはすごい! 本当にイイ意味で、もうこの店の歴史と風格が、暖簾に全て凝縮して現れている。

 ワタシのような若造なんぞ、この店の前に立っただけで、入店するのにかなりの勇気を必要といたしましたよ。しかし、これは入らずにはいられない! どうしてはいらずにいられようか?

 建物は古い木造だが、そこだけは新しく取り替えたと思われるステンレスサッシの引き戸をガラガラと開けて店内に入る!

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2018年11月16日(金) 発売

DIME最新号の特別付録は「ゴルゴ13」のオリジナル万年筆!大特集は「2018年ベストヒットランキング」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ