人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2016.02.10

加盟する駅ビルならどこでも利用できるJR東日本グループの新共通ポイント『JRE POINT』

 JR東日本グループの新しい共通ポイント『JRE POINT』が223日よりスタートする。JR東日本グループではこれまで「アトレ」や「アトレヴィ」で利用できる「アトレカード」のほか、「ボックスヒルズ」で利用できる「ボックスヒルズカード」など、それぞれの駅ビルごとにポイントカードを発行していた。それらを223日より『JRE POINT』に一本化。今後は加盟するどの駅ビルで利用しても同じ『JRE POINT』が貯まるので、ポイントがより貯まりやすくなる。

 JR東日本グループではクレジットカードの『ビューカード』の利用で貯まる「ビューサンクスポイント」や、交通系ICカード『Suica』の加盟店で貯まる「Suicaポイント」なども発行。今後、それらのポイントも『JRE POINT』に統合される予定で、統合された場合、Suicaだけでも約5070万枚(20153月末時点)を発行するだけに、東日本エリアに膨大な会員を持つ共通ポイントが誕生することになる。

 

<JRE POINT>
●開始日:2016年2月23日(火)より
●加盟店:アトレ・アトレヴィ全店、ボックスヒル取手、シャポー(市川・船橋)、テルミナ グランデュオ全店(3月1日から)、シャポー小岩(4月から)

 

 ポイントは買い物や飲食100円ごとに1ポイントが貯まり、1ポイントを1円として利用したり、商品に交換することも可能。ポイントの有効期限は2年後の月末だが、ポイントカードの利用があれば自動延長されるので、ポイントをムダにすることも少ないだろう。

 JREポイントカードは223日より、各加盟店においてその場で無料で発行。カードの券面のデザインは発行する駅ビルによって異なり、従来の「アトレカード」や「ボックスヒルズカード」、クレジットカードの「アトレビューSuicaカード」はそのままJREポイントカードとして利用できる。もちろんポイントも引き継がれるので安心だ。

column020-01

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2018年11月16日(金) 発売

DIME最新号の特別付録は「ゴルゴ13」のオリジナル万年筆!大特集は「2018年ベストヒットランキング」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ