人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2016.02.12

女性がキュンとするイケメンな義理チョコの受け取り方

今年もいよいよバレンタインの季節。日本ではバレンタインは女性が好きな男性にチョコレートなどを渡し、愛の告白をする日とされているが、普段お世話になっている人へ感謝の意を込めて「義理チョコ」を渡す人も多いのではないだろうか。世の男性はバレンタインが近づくにつれて、誰からいくつチョコレートをもらえるか「そわそわ」する人も多いかもしれない。

企業の販促・PRツール「イケメンチップス」をプロデュースする株式会社ESSPRIDEは、職場における「イケメン」を「単なる見た目だけではなく、仕事での活躍や気配りなどの内面も含めて、光り輝いている男性」と定義している。このたび、バレンタインが感謝やコミュニケーション活性のために女性から男性にチョコレートが贈られる日となっていることから、バレンタインデーがイケメンが最も光り輝くにふさわしい日と考え、2月14日を「イケメンの日」と制定した(日本記念日協会認定)。そこで今回は「イケメンな義理チョコの受け取り方とは?」をテーマに20~40代の女性会社員300名を対象にイケメンとバレンタインに関する調査を行った。

■あなたが、今年のバレンタインに本命チョコ、もしくは義理チョコ等を渡す相手をお答えください

今年、バレンタインを渡す相手を聞いたところ、本命では「夫・恋人」が89.9%と9割近くの人が答えた。また、義理では1位「会社の上司」58.8%、次いで「会社の同僚」52.9%という結果となった。義理チョコは日ごろ仕事でお世話になっている会社の人へ渡す人が多いようだ。

イケメンとバレンタインに関する調査

■あなたは義理チョコを、渡す相手によって差をつけるかお答えください

義理チョコの中で、渡す相手によって差をつけるか聞いたところ、「差をつける」「差をつけない」と答えた人が約40%とほぼ同数という結果となった。ただ、実際は差をつけていなくても「差をつけたい」と考えている人を含めると63.0%の人が「差をつけたい」と考えていることがわかった。女性の皆さんは義理チョコの中でもランクをつけているようだ。

イケメンとバレンタインに関する調査

■イケメンだと思うバレンタインの受け取り方をお答えください

イケメンだと思うバレンタインの受け取り方を聞いたところ、「ありがとうと軽く喜んでくれるだけ」が35.3%で1位という結果となった。過剰に喜ばずにさりげなく喜んでくれる姿や、”もらい慣れている感”がイケメンと感じるのだろうか。また、2位「受け取った後でわざわざお礼を伝えてくれる」という結果から、きちんとお礼を言う事が女性にとっては大事と感じるようだ。渡されるのがオフィス内など周囲に人がいる場所の場合は、その場はさりげなく「ありがとう」ともらっておき、後で改めて「さっきはありがとう」とお礼を言うのが、最高にイケメンなバレンタインの受け取り方かもしれない。

イケメンとバレンタインに関する調査

【調査概要】
調査方法:インターネット調査(株式会社FULA調べ)
調査対象:全国の20~40代の女性有職者300名
調査期間:2016年1月25日(月)~2016年1月26日(火)

 

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2018年11月16日(金) 発売

DIME最新号の特別付録は「ゴルゴ13」のオリジナル万年筆!大特集は「2018年ベストヒットランキング」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ