人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

話題の「0円SIM」は本当におトクなのか計算してみた

2016.02.07

■連載/小口 覺のスマートフォンハックス

噂の「0円SIM」は本当に得なのか計算してみた

 去年、サブのスマホと長女のスマホ用に月額299円からの「FREETEL SIM」を購入した話を書いた。データSIMの場合、月100MBに満たなければ、299円で済み、1GBまで499円、3GBまで900円と大手キャリアプランに比較すればかなりリーズナブルなプランだ。

 しかし、下には下が出てくるのが価格競争の恐ろしいところ。500MBに満たなければ0円のプランSo-net「0 SIM」が発表された。今使っている「FREETEL SIM」から乗り替えたほうが得なのか、シミュレーションした結果を共有しようと思う。

噂の「0円SIM」は本当に得なのか計算してみた

「0 SIM」の使用量と料金の関係をグラフで表してみた。100MBを超えると、100MBにつき100円ずつ加算され、2GBで1600円に達した後は5GBまで料金はそのまま維持される。

 データ通信量が5GBを超えると200kbpsの速度制限がかかり、それ以上高速通信を使用する場合はチャージ(100MB500円、500MB2100円、1GB3800円)で対応する。5GB超えのコストが、それ以前より割高に感じるが、格安SIMユーザーはあまり容量を使わない前提で話を進めよう。

 ちなみに、SMS機能付きは150円、音声通話機能付きは700円がそれぞれ月額料金に加算される。

噂の「0円SIM」は本当に得なのか計算してみた

「FREETEL SIM 使った分だけ安心プラン」を水色のラインで、「楽天モバイル 3.1GBプラン」を緑色のラインで加えてみた(大まかなイメージです)。

「0 SIM」と「FREETEL SIM」が最初に交わるのは、900MBの付近(「0 SIM」500円、「FREETEL SIM」499円)。ここから1GB付近までは、499円で固定の「FREETEL SIM」が安くなる。さらに「FREETEL SIM」は、3GBまで900円、5GBまで1520円固定となっている。

噂の「0円SIM」は本当に得なのか計算してみた

「0 SIM」が安くなる使用量、「FREETEL SIM」が安くなる使用料を色で分けてみた(これも大まかなイメージです)。ざっくり、毎月の使用量が1GB前後に満たなければ「0 SIM」が、それを超える場合「FREETEL SIM」のほうが経済的だと判断できるだろう。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年10月16日(水) 発売

DIME最新号の特別付録は「カラビナ付きマルチツール」!激動のエアライン、超便利な出張ギアを大特集!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。