人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2016.02.05

みかん農家の磯崎さんが作ったスプリングバレーブルワリー東京の『みかんエール』

■連載/阿部純子のトレンド探検隊

◆オープン1年で22万人が来客した「スプリングバレーブルワリー東京」

 2015年4月にオープンしたビールを醸造するブルワリーと、クラフトビールを楽しめるダイニングが一体化した「スプリングバレーブルワリー東京」(SVB)は、1年間で約22万人の来客数を記録。ビール離れが進んでいると言われている昨今で若い世代を中心に人気を集めている。

「クラフトビールは今後も順調に拡大していくとみている。今年は一昨年の約2倍の市場規模と推測。飲用経験者でこれからもクラフトビールを定期的に飲むと答えた人は20代、30代の男女で5割となっており、これは大きなポテンシャル。ビール全体に対する価値、期待が変わってきており、とりあえずビール、いつものビールから、作り手の感性や個性を楽しむなどTPOに合わせたビールが好まれ多様化が進んでいる。SVBでは2015年は定番ビール6種類のほか13種類の限定ビールを発売したが、今年は40種類のビールを販売する予定」(スプリングバレーブルワリー 代表取締役社長 和田 徹さん)

“みかん農家”磯崎功典さんのみかんからできた、「みかんエール」のお味は?

◆みかん農家「磯崎さん」の正体は?

 1月28日に樽開けされた『みかんエール』は温州みかんを使用したSVBのシーズナルビール。

“みかん農家”磯崎功典さんのみかんからできた、「みかんエール」のお味は?

「今が旬のみかんを丸ごと楽しめるよう漬け込んだ。発酵途中のビールにみかんを漬け込むのは一番苦労した。テストを何回も行ない、果皮、果肉は生のままでなく、ひと手間加えて果皮は乾燥、果肉は冷凍させることで丸ごとを凝縮したものを作ることができた。収穫から漬け込みまでブリュワーが手作業でひとつひとつ丁寧に仕込んだ」(マーケティング部商品開発研究所 妻鳥 奈津子さん)

“みかん農家”磯崎功典さんのみかんからできた、「みかんエール」のお味は?

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2018年11月16日(金) 発売

DIME最新号の特別付録は「ゴルゴ13」のオリジナル万年筆!大特集は「2018年ベストヒットランキング」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ