人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2016.02.04

マクドナルド復活の起爆剤となる新メニューを考えてみた

■連載/ヨシムラヒロムの勝手に宣伝部長

子供の頃、毎週日曜の昼間は父親とプールに行った。父親は子供と遊ぶことをしない人だったが、プールだけは僕も連れて行ってくれた。今考えると、自分の日課と子供孝行の両方がこなせるプールは親父からすれば一挙両得。だから、プールのみ同伴を許したのだろう。

帰りは、いつもマクドナルド。我ながら良き休日だと思う。その時に食べたハンバーガーの味は忘れらない。そんなマクドナルドでの思い出って、誰にでもあるはずだ。

■マックの迷走、ここに極まる

昨年あたりからそんな国民の台所、マクドナルドの経営悪化をニュースで耳にすることが多くなった。経営や利益のことはわからないが、原宿の大型店舗は閉店し、事務所の近くにある2店舗も閉店。肌感で調子が悪いと伝わってくる。

メニュー表をなくしたり、ランチの名称を何故かニックネーム風にしたりと、色々な対策を行っているがうまく事が運んでいるようには見えない。

そんな最中、面白いメニューが1月26日に販売開始となった。『マックチョコポテト』である。マックフライポテトの上にホワイトとブラウンの2種類のチョコをかけた一品。

マクドナルド人気復活のための新ポテトを勝手に考案してみた

正直、迷走している。

連載終了間際のマンガに見られる読者丸わかりのテコ入れ、のようなメニューだ。

「マックシェイク」に「マックフライポテト」をつける食べ方は知っていた。けど、それは裏メニュー的な楽しみ方の域を出ないはず。甘しょっぱいポテトを公式メニューしてやられても……。マクドナルドよ……、こういった珍メニューで人目を引かなければならないほどに、ジリ貧なのか。

けど食べてみた。

マックチョコポテト 330円

特製の箱に入ったマックフライポテト、2種類のチョコレートソース、フォークがセット。早速食す。チョコレートソースをかけると、チョコがポテトの熱で溶かされ浸透。頬張る。最初はチョコが口全体に。噛むほどにポテトの風味が現れ後味は塩味。甘党の僕としては意外といけるが、かなり人を選ぶテイストだと思う。これでは、マクドナルドの人気復活の起爆剤にはならない。マクドナルド大好きだからこそ、『グラタンコロッケバーガー』のような季節限定でも良い、確実に人が呼べる人気メニューを考案した欲しい。正直、色々な場所からマックが消えて困っている。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2018年11月16日(金) 発売

DIME最新号の特別付録は「ゴルゴ13」のオリジナル万年筆!大特集は「2018年ベストヒットランキング」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ