人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2016.02.04

【スマホ会議】格安スマホから0円販売、iPhone 6cまで!2016年のスマホはどうなる?

■連載/法林岳之・石川 温・石野純也・房野麻子のスマホ会議【スマホ会議】格安スマホから0円販売、iPhone 6cまで!2016年のスマホはどうなる?

 スマートフォン業界の最前線で取材する、法林岳之氏、石川 温氏、石野純也氏、房野麻子氏の4人による、業界の裏側までわかる「スマホトーク」。

 第1回はCES、噂のiPhoneの廉価版の登場でスマホはどうなるか? 今年1年のスマホを大胆に予測します。

CES、噂のiPhone 6cでスマホはどうなる?「スマホトーク」

■CESで見えてきた今年のスマホ業界

房野氏:第1回目の座談会ということで、2016年の携帯電話業界のトレンド予測を伺おうと思います。

法林氏:まず、CESに行った人に聞きたいよね。

石川氏:最近、CESで新端末の発表は少なくて、みんな2月下旬のMWCで発表する。それでも、今年端末が輝くかといったら、そうでもないように思います。1月12日にauの発表会がありましたが、そこでも端末より料金が重要だった。フルモデルチェンジするであろうAppleのiPhone 7がどうなるかがポイントでしょうね。

石川氏

石川氏

石野氏:CESはグローバルなイベントであると同時に、アメリカのローカル市場に向けたイベントでもある。今年もHuaweiみたいにグローバルフラッグシップを発表するところがあったり、ZTEみたいにアメリカ向けのローカルな端末を発表するところがあったりで、スマホも"One of them"という印象です。

 ただ1つ感じたのは、アメリカ向けで導入されるスマホもミッドレンジが多くなっていたこと。ZTEもSnapdragon210を搭載したモデルを2機種、CricketとT-mobile向けに出したり、それこそFREETELがアメリカの媒体に取り上げられたりして、安いものが出てきていた。アメリカも日本と同様に"2年縛り"がなくなり、販促がやりにくくなってきた中で、SIMフリーで安い端末の流れができてきた。日本とのシンクロナイゼーションがあったことが面白かったです。

石野氏

石野氏

法林氏:今年は値頃感を探る1年なのかなと思っています。10万円の端末がいいのか、それとも5万円でそこそこ使えた方がいいのか、回線も5GBのデータパックを300Mbpsのフルスピードで使えるのがいいのか、昼間はちょっとスピードが落ちるかもしれないけれど料金が少し安い回線、要するにMVNOみたいなのがいいのか。iPhoneとFREETELの端末を比べるのはちょっと酷だと思いますが、同じスマホで値段の差が10万円もあるという状況は並大抵のことじゃないので。

FREETEL MIYABI

FREETEL MIYABI

石野氏:iPhone1台の値段でFREETELの端末が5、6台買えますからね。

法林氏:クルマの世界でも、100万円を切るものもあれば1000万円を越えるクルマもあるでしょ? 値頃感がこれから鍵を握る。通信会社(以下、キャリア)も携帯メーカーさんも、みんなで探り合いをしていくのかなと。さっきの石野さんのアメリカの2年縛りの話を補足しておくと、T-mobileが最初だったけ?

石川氏:そうですね。

法林氏:T-mobileが仕掛けたらそれがユーザーに受けたので、VerizonもAT&Tも追随せざるを得なくなったという話。もしかしたら日本も、誰かが2年縛りを止めたら、各キャリアが追随することもありえると思います。アメリカは「0ドル」端末はそれほど多くなかったけれど、ヨーロッパは相変わらず「0ユーロ」端末全盛です。これは相変わらず強い。奨励金を積んで売っている。あと、古いモデルを家電量販店みたいなところで安売りしていて、それはそれでありかなという感じがしました。

法林氏

法林氏

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2018年11月16日(金) 発売

DIME最新号の特別付録は「ゴルゴ13」のオリジナル万年筆!大特集は「2018年ベストヒットランキング」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ