人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2016.01.30

TSUTAYAの〝月額1000円スマホ〟『TONEm15』はどこまで使えるか?

■連載/一条真人の検証日記

 以前、本連載でTSUTAYAで販売されている同社のオリジナルスマホ『TONE』を紹介したが、これが進化した後継モデル『TONEm15』が登場した。この『TONE』を販売しているTONEモバイルは、ネットワーク事業者のfreebitとTSUTAYAを運営するCCCの合弁会社だ。freebitが販売していた独自スマホをTSUTAYAの販売網で日本全国のTSUTAYA大型店舗で購入、サポートできるようにする。TSUTAYAは日本全国にあるため、地方でも店頭で入手することができるようになるというわけだ。

 最近、SIMフリースマホが少しずつ普及しており、これらの多くはオンラインで購入することができる。だが、それまで通信キャリアのスマホを使っていた人が、はじめてSIMフリーのスマホを使う場合、サポート体制が不安だという方も多いだろう。オンラインショップでSIMを購入する場合、すべて自己責任になってしまうので、あまりよくわかっていない人が不安になるのも無理はない。

 そんな状況もあってか、最近では多くのMVNO業者が家電量販店で売り場を広げている。今までは3大キャリアだけが売り場を構えていたのに、景色がずいぶん変わったのを感じる方も多いだろう。そんな中、『TONE』は日本中のTSUTAYAの大規模店舗で買ったり、触ったり、話を聞いたりできる。例えば、渋谷のハチ公前交差点にあるTSUTAYAでも『TONE』を販売しており、実際に触ったり、店員に相談したりすることができるのだ。

ディスプレイが5.5インチに大型化した『TONEm15』。
ディスプレイが5.5インチと大型の『TONEm15』。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2018年9月15日(土) 発売

DIME最新号の特集は「スマホの強化書」「こだわりのコーヒー学」特別付録はOrobiancoとのコラボコーヒーカップスリーブ!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ