人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

売れまくったKEENの“ヒモ編みスニーカー”がさらに進化した!

2016.01.29

売れまくった“ヒモ編みスニーカー”が、さらに進化して、もう最高!

『ユニーク』という名のユニークなシューズは、2本の紐(ヒモ)とソールを組み合わせて作ったオープン・エア・スニーカーだ。だから、足の動きに合わせ自由自在にアッパー部分が変形して、脚の締め付けなんて気にならない上、しかも涼しい。

 KEEN(キーン)らしくカラフルなラインアップに、フェス好きも、山ガールも恋をした。だから、2014年に限定1200足を発売、即完売。翌2015年も発売されるや売れまくったというわけ。

 その『ユニーク』がさらに進化した。包み込まれる感覚はハンモックのように優しい。今年こそ『ユニーク』に、脚を滑り込ませよう。

■アウトドア大好きなKEEN

 2003年にカリフォルニアで誕生し、2006年にオレゴン州ポートランドへと移ったKEENは、アウトドアが大好きだ。それは本格的なハイキングシューズの充実ぶりにも、よく現れている。

売れまくった“ヒモ編みスニーカー”が、さらに進化して、もう最高!

 でも、KEENが目指すのは、仕事も遊びも含む“ハイブリッドライフ”を楽しむこと。履く場所を限定しない、『ユニーク』はまさに、ハイブリッドライフの申し子と呼べるシューズなのだ。

■ヒールバック無しのサンダルタイプがラインナップ

『ユニーク』はそもそも、オープン・エア・スニーカーである。かかとを柔らかく包み込む、マイクロファイバーでできたヒールバックが、紐で編んだ足の甲部分(コードジャンクション)の自由な動きを保持して歩きやすさを生んでいる。

売れまくった“ヒモ編みスニーカー”が、さらに進化して、もう最高!

 そこへ今年は、ヒールバックをもたない『ユニーク スライド』がシリーズに加わった。おかげで脱ぎ履きのイージーさが大幅に向上し、大満足。

売れまくった“ヒモ編みスニーカー”が、さらに進化して、もう最高!

 ヒールバックを廃しても、コードジャンクションが甲をしっかりホールドするから、安易に脱げることは少ない。履きやすくて脱げにくく、しかも風通しは抜群。カラーラインアップはブラック、ブラウン、グレーと落ち着いた色合いで、甲全体を包むデザインはカジュアル過ぎないから、ソックスを履いて使ってもルックスが良い。デスクワークに使うのもオススメだ。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年2月15日 発売

DIME最新号は「6WAYキッチンオープナー」と「超快適マスク」の2大付録に注目!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。