人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2016.01.24

『ぷっちょ』の新味はとにかく“ヤンチャ”な味だった!

■連載/ヨシムラヒロムの勝手に宣伝部長

『ぷっちょ』とは、UHA味覚糖が販売しているグミ入りのソフトキャンディである。2000年に登場し、今では定番商品。菓子業界の生存率は厳しく、数多の新商品が登場するが1年後の生存率は0に近いと云う。菓子戦国時代において、15年間も棚をキープし続ける『ぷっちょ』はスゴい。

『ぷっちょ』の特徴と言えば、味のバリエーションの多さだろう。発売終了したフレーバーも含まれるが、コーラ、ソーダ、オレンジ、オレンジソーダ、白桃、レモン、すいか等々が存在する。見てのとおり、菓子の味付けの王道だ。しかし、並べてみるとわかるが正直、冒険心が足りない。意外性に欠けている。

これに対して、最近の菓子の流行を一言で表すならば”ヤンチャ”だ。湖池屋ポテトチップスで言えば、 苺のショートケーキ味。カルビーかっぱえびせんのガーナミルクチョコレートトッピング。ハッピーターンに至ってはアイスにもなっている。

王道菓子が、玉座に座らず、ヤンチャするのが今日の業界。意外性のある組み合わせは、発想が飛べば飛ぶほどにユニーク。また、メディアでも多く取り上げられるので宣伝面でも良い。もちろんYouTuberもピックアップ。ツイッターでもレビュー書く人も沢山。それが連鎖し、「話のネタにでも」とつい買ってしまう。

■『ぷっちょ』がついに動いた!

しかし2016年。16年を迎えた『ぷっちょ』も遂に玉座を立った。「あじわい ぷっちょ うめ塩こんぶ」と「あじわい ぷっちょ いか天 瀬戸内海れもん」とヤンチャテイスト溢れる2商品同時デビューさせたのだ。いきなりの挑戦、『ぷっちょ』の試みに驚いたファンも多いはず。

『ぷっちょ』の新商品はとにかく“ヤンチャ”な味だった!

両方とも和の風情を醸成し、「うめ塩こんぶ」「いか天 瀬戸内海れもん」両タイトル共に、相田みつを的書体で描かれている。不器用だけども、精一杯うまいもの作りました感をアピール。ヘタウマな素朴なイラストからは、不器用だけども良い仕事をする職人の無骨さ。全体的に、田舎っぽい哀愁が溢れ出るデザイン。ちなみに、うめ塩こんぶのみ「都のおしゃぶり昆布梅」とコラボ商品だ。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2018年11月16日(金) 発売

DIME最新号の特別付録は「ゴルゴ13」のオリジナル万年筆!大特集は「2018年ベストヒットランキング」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ