人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2016.01.23

@DIME編集部が選んだ『東京オートサロン2016』ベストセレクション

 自動車メーカーやインポーターの市販車ではなく、スピードショップやチューナーからのクルマを中心に展示する「東京オートサロン2016」が今年も1月15日〜17日、千葉・幕張メッセで開催された。「東京モーターショー」では見られない個性的なクルマのショーは、人気も年々高まり、今年の来場者数は3日間で32万5000人と、過去最高を記録。出展447社の中にはトヨタ、日産、ホンダなど国産車全メーカーのほかにインポーター6社も見られた。今回は、@DIME編集部が選んだ注目の車両を厳選紹介する。

@DIME編集部が選んだ『東京オートサロン2016』ベストセレクション
今年の来場者数は3日間で32万5000人と過去最高を記録。年々盛り上がっている。

@DIME編集部が選んだ『東京オートサロン2016』ベストセレクション @DIME編集部が選んだ『東京オートサロン2016』ベストセレクション
昨年の「東京モーターショー」に参考出品されたトヨタの『S-FR』というコンパクトスポーツカーのレーシングバージョンが初公開。開発関係者の話では、豊田章男社長もこのクルマの生産には「かなり乗り気。レーシングカーを出すなら生産車も出さないとダメか」と言っていたそう。トヨタのコンパクトスポーツカーの市販はかなり現実味を帯びてきたと言ってよさそうだ。

@DIME編集部が選んだ『東京オートサロン2016』ベストセレクション
乗用車メーカー同様に、トラック、バスメーカーの日野自動車も出展。しかもブース全体が蜜蜂をイメージ。ブース内のコンパニオンは、蜜蜂のコスプレで盛り上げていた。舞台の上には顔だけ出すと、蜜蜂になれる記念撮影用のボードまで置かれていた。今年も「トントントントン日野の2トン♪」などユニークなCMでおなじみの日野自動車から目が離せない。

@DIME編集部が選んだ『東京オートサロン2016』ベストセレクション @DIME編集部が選んだ『東京オートサロン2016』ベストセレクション

@DIME編集部が選んだ『東京オートサロン2016』ベストセレクション
スバル『STIパフォーマンスコンセプト』。今年1月の北米自動車ショーに出品されたモデルで、日本初登場。スバル車のチューニングなどモータースポーツ部門を担当しているSTI(スバル・テクニカル・インターナショナル)が製作した。パーツ、コンプリート化、モータースポーツという同社の方向性を示したクルマなので、市販化の予定はない。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年2月16日(土) 発売

DIME最新号の特集は<超保存版>「絶対得するスマホ決済」「知られざるミリオンヒット商品47」「ビジネスリュック新作大図鑑67」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。