人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

【CES2016レポート】中国スマホメーカーの躍進と見逃せない2つの新技術

2016.01.21

■スマートウォッチ普及の鍵はファッションアイテム化

CESでは中国スマートフォンメーカーの雄、ファーウェイも大々的なプレスイベントを開催した。日本でもSIMフリースマートフォンで存在感を増しているファーウェイだが、グローバルではスマートフォンメーカーとして、サムスン、アップルに次ぐ、第3位を争うポジションにまで急成長している。CESでは、日本でも発売中の『Ascend Mate7』の後継機にあたる『HUAWEI Mate 8』のほか、4つのスピーカーを搭載する10.1インチタブレット『HUAWEI MediaPad M2 10.0』、昨年発売されたスマートウォッチの女性向けモデル『HUAWEI WATCH Jewel & Elegant』が発表になった。

『HUAWEI WATCH Jewel』はスワロフスキーとコラボレーションしたモデルで、同社のブースの中でも特に注目を集めていた。昨年の『Apple Watch』とエルメスのコラボレーション、さらにはタグホイヤーの『Connected』、Fossilの『Q Founder』など時計メーカーからも新製品が続々登場して、徐々に盛り上がってきたスマートウォッチとファッションの融合という流れは、今年さらに広がりを見せそうだ。

【CES2016レポート】中国スマホメーカーの躍進と見逃せない2つの新技術
68個のスワロフスキージルコニアストーンがディスプレイをぐるりと囲む『HUAWEI WATCH Jewel』。ベルトにはイタリアンレザーを使用する。価格は599ドル。

 

ファッションアイテムのひとつとしてのスマートウォッチを考えるときに、筆者が特に注目しているのが、ディスプレイを持たない、つまり一見するとごく普通の腕時計にしか見えないのに、スマートウォッチのような機能を持つ製品。たとえば昨年Misfitの買収を発表したFossilが、CESで公開した『Q54 Pilot』がまさにそれで、カラーLEDによる通知機能やアクティビティトラッカー機能を持ち、スマートフォンと連動しますが、見た目はごく普通のファッショナブルなアナログ時計になっている。

「スマートウォッチが本当に普及するか」は、専門家の間でも意見の分かれるテーマだが、実際に使ってみると通知機能は便利であるし、運動量を測れるアクティビティトラッキング機能も健康管理に一役買ってくれる。これらの機能がファッションアイテムとして身につけたいと思える、クールなデザインの時計の中に組み込まれるのであれば、スマートウォッチの普及は自然に進むのではないだろうか?

【CES2016レポート】中国スマホメーカーの躍進と見逃せない2つの新技術
もともとある『54 Pilot』という腕時計に、スマートフォンからの通知機能とアクティビティトラッキング機能を追加した『Q54 Pilot』。見た目はほとんど『54 Pilot』と同じ。今春発売予定で、価格は175ドル~。

 

 なお、タッチディスプレイを搭載したスマートウォッチには、どうしても1日、2日でのまめな充電が必要になるが、『Q54 Pilot』は5~7日間は連続使用が可能とのこと。さらにCESでは、この充電さえ不要になるかもしれない、注目の技術展示もあった。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年7月16日(火) 発売

DIME最新号の特別付録は超強力なUSBモバイル扇風機!大特集は「夏の新製品辛口評価テスト」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。