人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2016.01.21

【CES2016レポート】中国スマホメーカーの躍進と見逃せない2つの新技術

CESでは例年、サムスンやLG、ソニーといったメーカーが新しいスマートフォンを発表してきた。しかし今年、これらのメーカーからスマートフォンの新製品の発表はなく、代わりに発表を行ったのはファーウェイ、ZTE、LeTVといった中国メーカーだった。

中でも今回、最も注目を集めたメーカーのひとつがLeTVだ。LeTVは、中国で「NETFLIX」のような動画配信サービスを展開する企業で、最近ではテレビにつなぐメディアプレーヤーだけでなく、タブレットやスマートフォンのメーカーとしても頭角を現している。今回のCESではクアルコムの最新チップセット「Snapdragon 820」を、世界で最初に搭載したスマートフォン『Le Max Pro』を発表し、大きな注目を集めていた。

【CES2016レポート】中国スマホメーカーの躍進と見逃せない2つの新技術
世界で初めて「Snapdragon 820」を搭載した、中国LeTV製の『Le Max Pro』。6.33インチのWQHDディスプレイを搭載し、背面には2100万画素のカメラと、クアルコム製の超音波指紋認証センサーも搭載する。

 

「Snapdragon 820」は、今発売中のハイエンドスマートフォンの多くが採用するチップセット「Snapdragon 810」の後継モデルで、従来よりも約2倍高速かつ省電力なのに加えて、様々な新技術にも対応している。たとえばLTEは「X12 LTEモデム」を搭載し、下り最大600Mbpsまでの高速通信に対応。また60GHz帯を使って超高速接続が可能な次世代のWi-Fi規格「IEEE 802.11ad(WiGig)」や、より高速に充電できるQuickCharge 3.0もサポートしている。

クアルコムによれば、「Snapdragon 820」はすでに80製品以上で採用が決まっているとのことで、今年発売されるハイエンドスマートフォンの多くに搭載されることはほぼ確実。CESの時点では『Le Max Pro』のみだったが、早ければ2月にスペインで開催されるMWCで、搭載機種がいくつか発表されるだろう。ただし実際に日本でこれらの機種が発売になるのは、各キャリアが進めるさらなるLTEの高速化サービスにあわせて、おそらく夏モデル以降になるのではないかと筆者は予想している。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2018年11月16日(金) 発売

DIME最新号の特別付録は「ゴルゴ13」のオリジナル万年筆!大特集は「2018年ベストヒットランキング」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ