人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2016.01.21

どこがお得?ケータイ3社の「学割」を比べてみた

auによると、10代、20代におけるスマートフォン浸透率は、2015年9月末時点で約80%となっているそうだ。スマートフォンの平均データ利用量 (月間) に関しては、au全体で3.6GBに対して13歳~25歳 (学生世代) では5.3GBとなっており、引き続き増加傾向。さらに、13歳~25歳 (学生世代) では、約4割が契約のデータ容量 (月間) を超過しており、契約データ容量に対して、より大容量へのニーズが顕在化していることがうかがえる。そういった背景もあり、auとソフトバンクは1/12に新しい学割サービスを発表した。ドコモもすぐにそれに続き、新学割プランを発表。学割合戦の季節がやってきた。さっそく各社の学割のポイントと適用の条件などを比べてみよう。

どこがお得?ケータイ3キャリアの新「学割」を比べてみた!

どこがお得?ケータイ3キャリアの新「学割」を比べてみた! どこがお得?ケータイ3キャリアの新「学割」を比べてみた!

《ドコモの学割》

■概要

「ドコモの学割」は「U25応援割」と併せて利用することにより、家族でわけあえるデータ量を36か月間毎月6GBプレゼントするとともに、基本使用料を12か月間毎月1,300円割引するキャンペーン。なお、家族は、2台以上の同時購入で同一のシェアグループに加入の場合、1台あたり最大1万円割引する「家族まとめて割」も適用される。

■適用条件

ドコモのスマートフォンを、新規契約(MNP含む)または機種変更(機種の利用期間が18か月以上の場合)で購入する利用者で、「データMパック(標準)」「データLパック(大容量)」「シェアパック15(標準)」「シェアパック20(大容量)」「シェアパック30(大容量)」に加入する利用者が対象。シェアグループ子回線の場合、代表回線が「シェアパック15(標準)」「シェアパック20(大容量)」「シェアパック30(大容量)」に加入の利用者が対象となる。「U25応援割」は、26歳の誕生月までの適用。また、「カケホーダイライトプラン」の場合は、「U25応援割」の基本使用料の毎月500円割引が適用されないが、データ量のプレゼント1GBは適用となる。

■キャンペーン期間

2016年1月21日(木)~2016年5月31日(火)

■特典内容

ドコモの学割

ドコモは、料金プラン「カケホーダイ&パケあえる」の導入に伴い、25歳以下の利用者に毎月のデータ量を1GBプレゼントするとともに、基本使用料を毎月500円割引する「U25応援割」を提供している。今回実施する「ドコモの学割」により、毎月のデータ量をさらに5GB増量し、「U25応援割」と併せて6GBのデータ量をプレゼントする。ドコモのデータ量はシェアグループ内の家族でわけあうことができるため、家族でまとめておトクにご利用できるようになる。それに加えて、基本使用料を毎月800円割引するため、「U25応援割」と併せて毎月1300円の割引となる。

詳しくはコチラ

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2018年11月16日(金) 発売

DIME最新号の特別付録は「ゴルゴ13」のオリジナル万年筆!大特集は「2018年ベストヒットランキング」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ