人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

【開発秘話】年間150万ケース以上売れたポッカサッポロ フード&ビバレッッジ『にっぽん烏龍』

2016.01.20

■期待以上に女性ユーザーが戻ってきた

 前例のないことにチャレンジしながら商品化した『にっぽん烏龍』だが、とくに販促活動はしていないという。その理由は、原料の調達がギリギリなため。発売当初から、「どうやってつないでいくか」「2015年に収穫した茶葉をいつ使うか」といったことで頭を悩ませたほどで、すでに、ほぼ上限に達しているという。

 とくに販促活動をせずとも好調に売れたのは、運が味方した面もあった。2015年は例年になく、各社がウーロン茶の新商品を発売。市場が活性化したことを受けてメディアでも注目され、紹介されることも少なくなかった。

 しかし、小売店では懐疑的な見方をされたという。なかなか乗り気にはならず、苦しい商談にならざるを得ないこともあった。その一方で、自動販売機は好調だったという。

「自販機が好調な理由は、女性が取り込めたことにある」と言う鶴谷氏。30代、40代女性の伸びが顕著で、かつてウーロン茶を飲んでいた人たちが戻ってきてくれているという。従来のウーロン茶ユーザーの女性比は2~3割程度だが、『にっぽん烏龍』は4割程度まで盛り返した。鶴谷氏は「期待以上に女性ユーザーが戻ってきた」と話す。

 そしてユニークなのが、今回の取り組み対する評価の声が直接届いていること。同社のお客様相談室には、「こういう取り組みを、もっとやって欲しい」といった声が寄せられているという。また、国産農林水産物の消費拡大につながる活動を推進した事業者や組織を表彰し、さらなる取り組みを促進する「フード・アクション・ニッポン アワード2015」で、商品部門食品産業分野 優秀賞も受賞している。

フード・アクション・ニッポン アワード2015

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年7月16日(火) 発売

DIME最新号の特別付録は超強力なUSBモバイル扇風機!大特集は「夏の新製品辛口評価テスト」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。