人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2016.01.16

夫の「家事」「育児」分担率は上昇しつつも全体では50%以下

もっと「家事協力」が必要?夫の家事・育児参加率増えるもわずか 

 夫の家事参加は、もはや普通の光景になってきた。これまでは平日は帰宅時間が遅く、どうしても土日だけになってしまうものだが、近年は、平日の夫家事率も高まっているという。女性活躍推進で、ますます女性の家事負担を減らすような動きがある中、住宅メーカーも家事をいかにスムーズ、かつ、楽にするかという視点での家づくりを行なっている。

 一昔前は、家事が楽になる機能的な家づくりが目指されてきたが、今は様相が変わってきた。そんな家づくりのトレンドや、夫の家事参加状況などを探り、夫婦や家族の在り方を考えてみたい。

■家事を楽にするには“協力”が一番?

もっと「家事協力」が必要?夫の家事・育児参加率増えるもわずか

 住宅メーカーのパナホームには、「家事楽スタイル」という商品がある。家づくりの中でも、家事にまつわるニーズや、ライフスタイルの変化を受け、家事がしやすくなるよう、間取り・動線・設備などの研究に取り組んできた成果が現れているという。この家事を楽にする一つの暮らし提案には、3つのコンセプトがある。

 そのコンセプトとは「家族の協力」「効率を考えた動線」「適材適所の収納」だ。1つめの「家族の協力」の下、具体的に設計されたものとしては、「姿の見える作り」「一か所で作業できる」「作業スペースを確保する」ことがある。

 つまり、従来のように、妻や母親だけが「家事を専任する」スタイルから脱却し、「みんなで家事をする環境」にするというのが、この家事楽スタイルの1番目のコンセプトになっており、今の時代を象徴するものになっている。

 例えば、料理をしている人の姿が見えるよう、オープンキッチンにすることで、夫や子どもたちの家事協力を自然と促すというのだ。このように、家づくりも「家族の家事参加」をねらいとした提案がされている現状がある。

■男性の家事・育児参加はどれくらい?最近の家事協力事情

 ところで、近年、男性の家事・育児参加はどれくらいなのだろうか? 日経DUALが総務省の「社会生活基本調査」をもとに算出した「共働き夫婦の平均家事・育児時間」では、子どもの年齢別に夫と妻の家事・育児時間がわかり、夫の分担率も明らかになっている。2011年のデータではあるが、現状を探る手掛かりになりそうだ。

 平日・土日を含めた週全体としては、0歳の子どもを持つ夫の分担率は14.9%、1~2歳では16.5%となった。平日はやや減るものの、土日は1~2歳の子持ちで最大26.1%にも上っており、分担の割合としては、多くて4分の1程度。意外と少ない印象だ。

 実際、妻や母親たちは、夫の家事協力についてどう感じているのだろうか? おうちくらぶが210名のミセスに対し、2012年に行った「家事と家族の協力」についてのアンケート調査によれば、家族の家事協力に満足している割合は46%。54%が満足していないことが判明した。妻としては、夫には「もうちょっとやってほしい」といったところが現実のようだ。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2018年11月16日(金) 発売

DIME最新号の特別付録は「ゴルゴ13」のオリジナル万年筆!大特集は「2018年ベストヒットランキング」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ