小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

大人も夢中になれる「積み木」4選

2016.01.16

■オブジェから家具にまで変化する積み木『つみき』

つみき つみき

つみき

森林保全団体「more trees」が木材商品を通じて木のぬくもりを身近に感じてもらいたい、ひいてはこの商品を通じて地域を盛り上げていきたいと考えて立ち上げられたのがこの『つみき』の制作プロジェクトである。このプロジェクトにあたって「more trees」がコラボレーションの相手に選んだのが世界的な建築家・隈研吾氏。隈研吾氏と言えばサントリー美術館や歌舞伎座といった多数の建築のデザインを手がけた人物である。そんなコラボレーションから生まれた『つみき』は国産のスギをピースに使用した積み木。各々のピースの形は農具の鍬(くわ)の金属部分を2つ合わせてV字型にしたような形をしている。このピース単独でも意味がありそうな形をしているが、4つ組み合わせるとピラミッド型に、5つ組み合わせると雪の結晶のような形に、といった具合に普通の積み木ではなかなか出来ない形も作れるの点が特徴だ。組み合わせ次第では筒状にすることもできるので、キッチン、洗面台、デスク周りで使うスタンドにも応用できる。クラウドファンディングサイト「Makuake」で資金を募っていたが、最終的に1,097,900円を集めて2015年9月に終了している。価格は3ピースで税込3,000円のコースからあり、最も多いピース、すなわち500ピースのコースではオブジェの制作まで含んで1,000,000円なんてものもあったようだ。

■美しい色が想像力を駆り立てる『KUUM』

KUUM KUUM

KUUM

思い返してみると、ここまで美しい積み木というのはこれまでなかったかもしれない。もちろん木目の美しい天然の木材を使用した積み木というものはあったのだが、着ける色にここまでこだわった積み木というのはなかったのではないだろうか。『KUUM』は36種類の形状と、36種類の色を持った天然ブナ製の積み木である。12セットからなる『KUUM』であるが、各セットは同系色のピースから構成されており、例えばグリーンを基調にしたセットでは、3色の異なるグリーンからセットが構成されている。全部で12セットあるので3色×12セットの36色がこの『KUUM』にはある、というわけである。形も円形、三角形といったオーソドックスなものから、V字型、C型、コの字型といった普通の積み木には見られないようなものが含まれており、今までの積み木で表現できなかったものがこの『KUUM』なら可能となる。制作例をのぞいてみると、タクシーのようなものから、ヒゲの生えた人の顔、カブトムシ、ロボット、と本当にバリエーション豊かな制作が可能なようだ。『KUUM』は各月に1セット(色違いのバージョンを含む)届く形式で、6回もしくは12回の回数から選択して予約購入する仕組み。価格は各月3750円(税抜き)で12回を選択した場合は総額4万5000円(税抜き)となる。購入は「FELISSIMO」から可能だ。

text/Wataru KOUCHI

趣味は合唱、読書、語学、旅行、美術館巡り、雑貨屋探索etc...日本、海外の雑貨やガジェット、デザインコンセプトの中から思わず「それ、いただき!」と言ってしまうモノ達を紹介するライター。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年10月14日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「4WAYポータブルランタン」! 特集は「行列店に学ぶヒットの法則」、「iPhone 13」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。