人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

【石野純也レビュー】『Galaxy Gear S2』は『Apple Watch』を超えたか?

2016.01.14

 どちらも、質感はまずまずといったところ。いわゆるスマートウオッチの中では上質な方だが、高級腕時計と比べてしまうと、やや見劣りする。装着感はまずまず。少々厚みがあるように感じるかもしれないが、大型の腕時計をつけていた人には、それほど違和感がないだろう。

金属を使っており、質感は比較的高い
金属を使っており、質感は比較的高い

 

 ディスプレイの解像度は360×360ドット。有機ELを採用しているが、屋外での視認性も悪くない。ただし、“腕時計”として見ると、やはりまだ粗さが目立つ。フラットなディスプレイに針を疑似的に表示していることもあり、特にアナログの文字盤を利用すると、ややチープ感が目立つ。これは、スマートウオッチ全般の課題とも言えるが、あえて腕時計を目指さず、デジタル時計として割り切った画面デザインを打ち出す必要があるのかもしれない。

ドットが見えるほどではないが、やはり本物の文字盤と比べると、デジタル感が出てしまう
ドットが見えるほどではないが、やはり本物の文字盤と比べると、デジタル感が出てしまう

 

 一方で、カスタマイズの多彩さはデジタル表示を採用しているスマートウオッチならではだと感じた。『Gear S2』は、ペアリングしたスマホ側からも文字盤の変更ができ、追加でダウンロードすることもできる。色や針の大きさなどをある程度自由に組み合わせられるのは、意外と楽しかった。こうした工夫ができる点は、従来の時計にない遊び心と言えるのかもしれない。アプリの数も豊富で、文字盤以外でも、カスタマイズのしがいは十分ある。

カスタマイズできる項目が多彩なのは、うれしいところ カスタマイズできる項目が多彩なのは、うれしいところ
カスタマイズできる項目が多彩なのは、うれしいところ

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年9月14日(土) 発売

DIME最新号の特別付録は「デジタルスプーンスケール」!さらに激変するスマホの大特集に最新iPhone情報も!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。