人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2016.01.08

Twitterの全量データから分析する2015年本当に話題になったコンテンツ

 株式会社NTTデータは、ソーシャルメディアデータをもとにした新しいニュースサイトの最新の分析で、2015年Twitter上で話題になったコンテンツを紐解く『イマツイ ツイート大賞2015』を発表した。同賞は「映画」「テレビドラマ」「Webニュース」「流行語トレンド」の4つの部門で、データサイエンティストが2015年のTwitter上での話題量を分析するというもの。

 これによると、2015年で最も話題になった映画は、ロングランが続いた「ラブライブ!The School Idol Movie」。20代女性が話題を牽引するだけでなく、20〜30代男性からも根強い人気があることがわかった。また、映画部門では、上位10作品のうち、7作品をアニメが占め、コアなファンを抱えた映画がTwitterの話題量を押し上げていたようだ。ドラマ部門では、2位に5倍以上の話題量で圧倒的な差をつけて「デスノート」が制した。2位には、今夏に“恋仲現象”を巻き起こした月9ドラマ「恋仲」がランクイン。そして、視聴率の順位を越えるTwitterでの盛り上がりを見せたドラマも明らかになった。

「Seals」「エンブレム」「ドローン」と政治ワードが目立った2015年だが、一年間を通してTwitterユーザーに人気だったのが「修造」だった。また、映画部門では上位10作品中、7作品をアニメが占める結果に。トップの「ラブライブ!」は60万Tweetを超えた。

イマツイ ツイート大賞2015

イマツイ ツイート大賞2015

■ツイート量と視聴率の意外な関係

 視聴率と話題量は別ものなのか、2位に5倍以上の話題量の差をつけた「デスノート」。視聴率の順位を越える盛り上がりを見せたドラマも判明した。ニュース部門では、可愛いすぎる「イルカのティーバッグ」がiPhone超えを記録。ニュースの拡散力は、ライブドアニュースが他を圧倒し6記事がランクインした。

イマツイ ツイート大賞2015

【分析概要】
◎抽出対象:対象部門の以下の関連キーワードを含むツイート(日本国内全ツイートが対象)を抽出
・映画部門:2015年に公開された映画タイトル(サブタイトル含まない)と「映画」を同時に含むツイート
・テレビドラマ部門:2015年に地上波、東京キー局でオンエアされたテレビドラマのタイトル名と「ドラマ」を同時に含むツイート(2015年度ビデオリサーチ社の発表する視聴率から関東地区の視聴率をもとに平均視聴率を算出)
・ニュース部門:新聞社・テレビ局・スポーツ紙ウェブサイト、ポータルサイトなどのURLを含むツイート
・流行語トレンド:2015ユーキャン新語・流行語大賞のトップテンにノミネートされた10のキーワードを含むツイート
◎抽出期間:2015/1/1 00:00:00 - 2015/12/10 00:00:00、
◎データ数:映画部門:749万2544件、テレビドラマ部門:205万896件、ニュース部門:167万3272件、流行語トレンド:2649万6308件

 

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2018年11月16日(金) 発売

DIME最新号の特別付録は「ゴルゴ13」のオリジナル万年筆!大特集は「2018年ベストヒットランキング」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ