人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2016.01.03

パリに行ったら絶対食べたいグルメ10選

 食の都パリは、世界の中でも評判の高いレストランが多く、街角の市場・マルシェでは旬な食材が手に入る。そんなパリでは、市場で仕入れた新鮮な食材や、フォアグラ、キャビア、トリュフなどの世界三大珍味を使用した料理が楽しめる。一方で、昔ながらの伝統料理も愛され続けており、高級な食事から素朴で身近な料理まで様々な種類のグルメを楽しむ事ができる。

 株式会社エイチ・アイ・エスは、H.I.S.フランス・パリ支店が中心となって運用するFacebookページ「いいね!パリ」のファンを対象に、「パリ好きが決める!パリに行くなら絶対食べたいグルメ投票キャンペーン」と題し、パリを訪れた際に必ず食べてしまうエスカルゴや鴨料理、クレープなど、絶品グルメに投票を受け付けた。すると参加した人の3割が10回以上パリを訪れた経験があり、リピーターだからこそ知っているグルメ情報が寄せられ、その回答の中から絶品グルメを扱う19店舗を厳選した。        

 接戦の末、堂々第1位に輝いたのは、Leon de Bruxelles(レオン ド ブリュッセル)の鍋いっぱいの「ムール貝の白ワイン蒸し」にファンの支持が集まった。次いで2位にRestaurants Domaine de Lintillac(ドメーヌ・ドゥ・ランティラック)のフォアグラを取り出した鴨の胸肉を使用した「鴨のマグレ」、3位に老舗レストランCafe de la Paix(カフェ ド ラ ペ)の「ミルフィーユ」と、友達や家族と大人数でワイワイ気軽に楽しめる絶品料理から、名店として名高いレストランのデザートまで幅広いメニューが上位を占める結果となった。

■投票キャンペーンランキング

1位 Leon de Bruxelles(レオン ド ブリュッセル)の「ムール貝」の白ワイン蒸し

1

もともとベルギーのお店でパリ市内に数店舗を構えるチェーン店。名物はムール貝の白ワイン蒸し。一番小さなサイズでも2人で食べるには多い程のボリュームだ。「鍋いっぱいに入ってくるムール貝。貝の殻でつまんで食べるのは面白い。もちろん美味しいですよ!」「ハズレのない美味しさ。3歳の孫が、バケツのような入れ物に顔を突っ込むようにして食べていました!」「ここのムール貝、最高!」といった多くのファンの支持が集まった。
住所:63 Av. des Champs-Elysees 75008 Paris(シャンゼリゼ店)

2位 Restaurants Domaine de Lintillac(ドメーヌ・ドゥ・ランティラック)の「鴨のマグレ」

2

 代表的なフランス料理である鴨料理が楽しめる専門店。鴨のコンフィや鴨のフォアグラなど、美味しい料理がお手頃価格でカジュアルに食べられる。オススメは鴨のマグレ。フォアグラを取り出した鴨の胸肉で、普通の鴨より大きく身がしっかりしている。「鴨独特の風味が味わい深いです」「多くのお客さんで賑わう中お店の方のサービスも素晴らしく、また行きたいと思うお店で渡仏する友人にもオススメしました」というように、料理はもちろんサービスも好評だった。
住所:10 Rue Saint-Augustin, 75002 Paris(オペラ店)

3位 Cafe de la Paix(カフェ ド ラ ペ)の「ミルフィーユ」

3

 オペラ座の目の前のインターコンチネンタル パリ ル グラン内のレストラン。オペラ座を設計したガルニエ氏によって設計され、フランスの重要文化財になっている。約150年の歴史をもつレストランで、クラシックなフランス料理だけでなく、季節感溢れる素材を使ったフレッシュな感覚の創作料理を楽しむことができる。「名物のミルフィーユはさくさくとしたパイに甘いクリームがはさまり、とても美味しいです!」「やっぱり老舗のカフェ ド ラペ!」といファンの声が集まった。
住所:InterContinental Paris Le Grand - 5 Place de l'Opera - 75009 Paris

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2018年11月16日(金) 発売

DIME最新号の特別付録は「ゴルゴ13」のオリジナル万年筆!大特集は「2018年ベストヒットランキング」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ