みんなのお買い物ナビ @DIME

  1. TOP
  2. >AV・デジカメ
  3. >【PC Audio Lab】完成度の高さに脱帽…

【PC Audio Lab】完成度の高さに脱帽!oBravoの平面型ハイブリッドイヤホン『erib-2a』(2015.12.14)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

■連載/ゴン川野のPC Audio Lab

完成度の高い平面型ハイブリッドイヤフォン、oBravo『erib-2a』

■Introduction

oBravoは、AMTとダイナミック型とのハイブリッドヘッドフォン『HAMT-1』のブランドで、作っているのは2006年に創立された台湾のStymax Internationalというメーカーである。オーナーのDavid Teng氏自身もエンジニアで製品設計に携わっている。同社は長年、平面型ドライバーを研究してきたという。『erib-2a』はツイーターに平面型ドライバー、ウーハーにダイナミック型ドライバーを使ったハイブリッド式イヤフォンで、専用アンプ不要でポタアンやハイレゾプレーヤーに直挿しで鳴らせるのだ。

ハイブリッドのイヤフォンと言えば、ダイナミック型+BA(バランスドアーマチュア)型が定番だが、平面振動板は珍しい。SHURE『KSE1500』とスタックス『SRS-002』ぐらいしか思い浮かばない。これはどちらも専用アンプと組み合わせて使うコンデンサー型だ。さらにハイブリッドではなく純粋な平面駆動である。これらと比較して『erib-2a』の音はどう違うのだろう。

■Design

ハウジングはアルミ削り出し、そこにウッドフェイスがはめ込まれたユニークなデザインだ。ウッドフェイスには8個の穴があり、背圧を逃がしているようだ。イヤーチップはコンプライを含めて複数個が付属する。ケーブルは着脱式でMMCX端子採用。付属ケーブルはステレオミニプラグ仕様で、付属品にステレオ標準プラグアダプターが含まれる。ウーハーはφ10mm、ツイーターはφ8mm、再生周波数帯域は20Hz~35kHz、入力インピーダンス16Ω、重さ8.4g、価格は12万1800円。

1 2 3 4 >>
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
@DIMEのSNSはこちらからフォローできます
  • Facebook
  • Twitter
  • ジャンルTOPへ
  • 総合TOPへ

TOPへ

小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント広告掲載について

© Shogakukan Inc. 2018 All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.
掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。