人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

インフォグラフィック制作会社に学ぶわかりやすいプレゼン資料の作り方

2018.04.26

棒グラフのインフォグラフィック化の一例

 実際、プレゼン資料や営業資料にインフォグラフィックの“情報のビジュアル化”の考え方を応用するために、1つ例を挙げてみる。下記は、同じくエコンテが行ったタバコに関する調査において、「人のタバコの煙は正直嫌だと思うか?」という質問によって得られた棒グラフである。上の一般的なよくある棒グラフが、下のインフォグラフィックの棒グラフにどう変化したのかを見てほしい。

インフォグラフィック制作会社に聞く!プレゼン資料のグラフ作成のヒント
(c)econte

 単純な棒グラフでも、このように棒をタバコのモチーフにし、男女の差を青と赤で色分けするだけで、何を表すグラフなのかが直感的に理解できる。もちろん、ただ見栄えを良くしたのではなく、「これはタバコに関するデータです」「男女別に棒グラフにしています」という伝えたいことを、より端的に分かりやすく伝えるために、情報を可視化されているのである。さらにインフォグラフィック化にはコツがある。中内さんはこう教えてくれた。

「情報を可視化するときのコツは、あまり多くの要素を盛り込もうとせず、言いたいことだけに絞ることです。例えば、タバコを吸う・吸わないの割合を示す場合、“吸う人30%、吸わない人70%”の両方の数字を出す必要はなく、“吸わない人が70%もいる”ということを伝えたいのであれば、グラフに表すのは“吸わない・70%”だけで良いのです。このように、情報をできるだけ省いてシンプルにしていくことがポイントです。また、可視化の際、より強く伝えたいものは文字や数字、アイコンを大きくするなどしてメリハリをつけて目立たせるというのもコツです」

 最後に、インフォグラフィック作成のコツをもう一度まとめてみよう。

・にぎやかさやデザイン性を重視するのではなく、いかに直感的に分かりやすく情報を可視化できるかを追求する
・グラフの種類を選ぶときも、見る人の気持ちになって選ぶ
・多くの要素を盛り込まず、言いたいことだけに絞る
・より強く伝えたいものは文字・数字・アイコンを大きくするなどして、メリハリをつけて目立たせる

 次回のプレゼン資料や営業資料など、社内やお客さんに見せるものを作るときには、ぜひこれらのインフォグラフィック作成のコツを活用して、グラフや図表作成を行ってみてほしい。

中内ゆりさん
インフォグラフィックディレクター。2010年よりインフォグラフィックサービスの立ち上げや、100点以上のインフォグラフィック制作に携わる。インフォグラフィックの企画・情報の編集作業までを担当。デザイナーと二人三脚で取り組んでいる。
株式会社エコンテ:http://econte.co.jp/ 
コンテンツマーケティング専門会社。インフォグラフィックデザイン制作も多数手掛ける。 INFOGRAPHIC.jp:http://infographic.jp/

取材・文/石原亜香利

※記事内の情報は取材時のものです。

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年12月16日 発売

DIME最新号の特別付録は「コンパクト撮影スタジオ」!特集は「ヒット商品総まとめ」&「2021年トレンドキーワード」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。