人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2015.11.12

「秋のヘッドフォン祭2015」で気になったヘッドフォンBEST10

◎画期的なプラグ交換システム採用のDITA『Dream』

DITAはストイックなまでに高音質を追求するイヤフォンメーカーである。製品はダイナミックドライバー1発で勝負する『DITA Answer』(実勢価格約6万6000円)とそのバリエーションモデルのみ。高解像度でキレのあるサウンドは高い評価を得ている。今回、その上をいく『Dream』と呼ばれるモデルを開発中であることが明らかになった。代表のダニー・チャン氏によれば、ハウジングはチタン製でリケーブル対応、そしてヘッドフォンプラグ側が交換できるシステムを採用。なぜプラグ側が交換できるかと言えば、これから登場する色々な方式のポタアンに対応するためで、リケーブルは主に断線対策でケーブル交換で音色を変える意図はないようだ。プラグの先端は独自形式のロック機構が採用され、2.5mm4極バランス対応とか、XLR 4pinとか、3.5mm4極など何でも作れそうだ。もしイヤフォン側がMMCXであれば、他社のヘッドフォンにも使える! これは楽しみだ。

HH030

チタンハウジングについて解説するDITA代表ダニー・チャン氏。シャツの衿のロゴマークがお洒落だ

HH031

試作のプラグ交換システム。一番上が初期試作で、ここからさらに小型されている。下はプラグの先端を外したところ

◎T1の2nd Generationが早くもA&Kに登場、beyerdynamic Astell&Kern『AK T1p』

リケーブルに対応したbeyerdynamic『T1 2nd Generation』をベースにした『AK T1p』が早くもアユートのブースに展示された。『T1』と言えば300Ωという高インピーダンスからポータブルハイレゾプレーヤーでは鳴らしにくいという印象があったが、本機は32Ωの低インピーダンス設計になっているため、Astell&Kern『AK Jr』に接続しても楽しめるのだ。もちろんケーブルは2種類付属してバランス接続に対応する。ポータブル中心の人にオススメの1台! なのだが発売日価格は未定(11月8日現在)である。

HH032

登場が待たれる『AK T1p』、同社のハイレゾプレーヤー入門機『AK Jr』でも気軽にbeyerdynamicのハイエンドの音が楽しめた

HH033

ヘッドフォン祭の会場で、モデル&コラムニストの奈津子さんに遭遇。家電アドバイザーの資格を取得して、オーディオライターとして華麗にデビュー。いきなりJsut ear『XJE-MH1』をオーダーするらしい。あたなも冬のポタフェスで会えるかもしれない

(文/ゴン川野)

ゴン川野のPC Audio Labオーディオ生活40年、SONY『スカイセンサー5500』で音に目覚め、長岡式スピーカーの自作に励む。高校時代に150Lのバスレフスピーカーを自作。その後、「FMレコパル」と「サウンドレコパル」で執筆後、本誌ライターに。バブル期の収入は全てオーディオに注ぎ込んだ。PC Audio Labもよろしく!

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2018年8月16日(木) 発売

DIME最新号の特集は「ミニマルギア100」「男のメルカリ活用術」! 特別付録は「シンカリオン 500 TYPE EVA」の激レアクリアファイル

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ