みんなのお買い物ナビ @DIME

  1. TOP
  2. >AV・デジカメ
  3. >「秋のヘッドフォン祭2015」で気にな…

「秋のヘッドフォン祭2015」で気になったヘッドフォンBEST10(2015.11.12)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

◎平面型のダークホースoBravo『erib-2a』

私はオーブラボーというブランドを全く知らなかったのだが、小型2Wayスピーカーを作っているStymax Internationalというメーカーのヘッドフォンブランドであった。プレーナー型のツイーターとダイナミック型のウーハーを使ったハイブリッド型のヘッドフォンとイヤフォンにヘッドフォンアンプが出展されていた。57mmダイナミックドライバー+40mmAMTツイーターを搭載した『HAMT-1』(27万6000円)はスピーカーに近い音場感で、明るくさわやかな音。重さは540gと重量級。同じドライバーでハウジングがプラスチックなら399gと軽くなるが、やっぱり音も軽くなる。注目すべきは10mmダイナミックドライバー+8mmプレーナーマグネティックのイヤフォンでハウジングがアルミ合金・ウッド・セラミックを使った『erib-2c』(12万1800円)の音が良かった。さらに驚くべきことにウーハーもツイーターもプレーナー型の試作モデル『EAMT-3A』を聴かせてもらったが、これがまたいいのだ。SHURE『KSE1500』より、こちらの方が欲しい。いままでイヤフォンはBA型最高と思っていたが認識を改めた。

HH008

AMTを使ったハイエンドの試作モデル『EAMT-3A』。ワイドレンジで抜群のスピード感があり、これぞプレーナー型という音を聴かせてくれた。年内発売予定で20万円ぐらいになるとのこと、これ欲しいのだ!

HH009

ハイエンドのHAMTシリーズが3台並ぶ。広々とした音場と繊細な音の表現力に優れたヘッドフォンだ

HH010

センターに見えるのがAMTツイーター。ハイルドライバーと呼ばれるこのツイーターは1960年代に発明された。アコーディオンのような振動板がスピード感ある音を再現する

HH011

ヘッドフォンは付属のキットを使って低音の量感などを微調整できるシステムを採用

<< 1 2 3 4 5 6 7 8 9 >>
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
@DIMEのSNSはこちらからフォローできます
  • Facebook
  • Twitter
  • ジャンルTOPへ
  • 総合TOPへ

TOPへ

小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント広告掲載について

© Shogakukan Inc. 2018 All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.
掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。